交朋友

在日本不會被誤認為是中國人的三個訣竅/日本で中国人に間違えられない3つの方法

在日本不會被誤認為是中國人的三個訣竅/日本で中国人に間違えられない3つの方法

最近幾年,來日本觀光的台灣人越來越多了呢。
我回東京的時候,也注意到很多的台灣人、
那個時候就覺得自己好像沒有離開台北ㄟ (笑)

ここ数年、台湾人観光客がどんどん増えてきています。
私も東京に帰ると、たくさんの台湾人が目につき、その度に
「台北とあまり変わらないな」
と思ってしまいます(笑

但是啊,最近
很多人都在討論在日本被誤認為是中國人這樣的困擾。

しかし、最近
「中国人と間違えられて不快な思いをした!」
ということが話題になっています。

很老實的告訴你們,除非是真的很精通中文以外的日本人
只靠外表,跟所說的語言來判對的話,要分辨是中國人還是台灣人 是真的不太可能

正直な話、中国語を一生懸命勉強した日本人以外、
外見や話している中国語で中国人か台湾人かを判断するのはほぼ不可能です。

再來,很不幸的要告訴你們
其實很多的日本人都還是覺得台灣是中国的一部分,所以就算知道對方是台灣人,還是會覺得台灣人=中國人
(台灣的鄉親父老 大家! 我真的對不起你們)

さらに、残念なことに日本人の多くが
台湾=中国の一部
と思っていることから、ほとんどの人が台湾人を見ても中国人だと思ってしまっています。
(台湾人の皆さん、本当にごめんなさい)

好不容易可以去日本旅行,可是不想要這樣不愉快經驗的優秀台灣人。
你們,我要來傳授你們三個訣竅 讓你們不會被誤認為是中國人!

せっかくの日本旅行で、不快な思いをしたくない。
そんな台湾人のあなたに、中国人と間違えられないための3つの方法をお伝えします。

1、在公共場合不要大聲喧嚷/公共の場で大きな声で話さない

日本人對中國人印象不太好的其中ㄧ個原因就是因為
「常常在公共場合大聲說話 打擾別人」

日本人があまり中国人にいい印象を持っていない原因の一つに、
「よく公共の場でうるさく騒ぐ」
というのがあります。

對於在餐廳或者是火車裡大聲說話的中國人,
很多的日本人都會覺得他們沒有禮貌,對這樣的行為感到厭惡。

レストランや電車でも大きな声で話している中国人に対して、
マナーが悪いなあと、多くの日本人は嫌悪感を抱いています。

所以這樣子的組合,日本人有個計算公式
「聲音很大很吵+中文=中國人」

就是因為這樣,在公共場合尊重彼此,就會讓這樣的形象扭轉,台灣人跟一般的中國人不同呢 進而留下更好的印象。

日本人の中には、
「声がうるさい+中国語=中国人」
という公式がすでに出来上がっています。なので、公共の場でうるさくしなければ、普通の中国人と違う=台湾人かな?といい印象を与えることができます。

2、「(我)喜歡日本」這樣來讓我們記得你!/「日本好き」をアピールする

很多日本人現在所抱持的印象就是
台灣人=喜歡日本
中國人=討厭日本

多くの日本人のイメージでは、
台湾人=日本が好き
中国人=日本が嫌い

となっています。

所以,如果積極地表現出自己尊重也喜愛日本的話
就可以表明跟中國人的差別了!

そのため、積極的に日本が好きというのをアピールすることで、
中国人と差別化することができます。

3、日本語で話しかける/用日文來開始對話
日本人基本上在跟外國人溝通的時候經常感到彼此之間有ㄧ座很大的牆。
特別是,用英文或者是中文這兩個外文來開啟話題的話,感到驚慌的日本人真的不少。

日本人は基本的に外国人と話すことに大きな壁を感じています。
特に、英語や中国語といった外国語で話しかけられると、パニックになってしまう人が少なくありません。

這個時候,就是你表示「我喜歡日本」這樣特質的時候啦,試著用日文來開始你們的對話吧。
「すみません」「ちょっといいですか」
「お願いします(おねがいします)」

這樣簡簡單單的句子就已經很足夠了。
如果一開始是這樣的話,就可以減少跟日本人的距離。

そこで、「日本好き」をアピールする意味も込めて、日本語を使ってコミュニケーションをとってみましょう。
「すみません」「ちょっといいですか」
「お願いします」
このような簡単な一言でいいんです。
この最初の一言があるだけで、日本人との距離はぐっと近くなります

這個網頁也有介紹在日本觀光的時候可以用到的字彙跟句子,請大家務必參考ㄧ下ne!
このサイトでも日本観光の時に使える日本語のフレーズをたくさん紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

文:Atsuhsi/翻訳:Yuka

如果你想要問問題, 分享意見或感想的話, 請你從這邊聯絡我! 如果那個問題很有趣的話, 下次我會公開新的訪問系列文!

您的姓名 〈需填寫〉

您的電子郵件信箱 〈需填寫〉

主旨

您的信件內容

Comments Closed

Return Top