宗教

成為日本史上最強僧侶必經修行「大峯千日回峰行」/日本最強のお坊さんが達成した地獄の修行「大峯千日回峰行」の話

成為日本史上最強僧侶必經修行「大峯千日回峰行」/日本最強のお坊さんが達成した地獄の修行「大峯千日回峰行」の話

對台灣人來說影響最深的宗教應該是佛教吧。
在日本也有很多座佛教寺院,
多數的佛教僧侶都在那邊進行他們的修行。

台湾人にとって馴染みの深い宗教は、仏教でしょう。
日本にもたくさん仏教寺院が存在していて、
そこでは多くの仏教僧が修行しております。

不同的佛教流派的修行大不同,
你們知道嗎?
這些修行的過程中還包含ㄧ些攸關生死,很危險的任務

仏教の流派によって修行が大きく異なっているのですが、
中には死に直結するような危険なものもあることを皆さんご存知でしょうか。

這ㄧ次,我想要跟你們介紹一個叫做
「大峯千日回峰行」
這個不可思議的修行。

今回皆さんに
「大峯千日回峰行」
という常軌を逸した修行を紹介したいと思います。

為什麼會特別選這個修行來做介紹呢?

因為,1300年來,只有兩個人完成了這個修行,
正所謂是在世界上最高峰嚴厲的修行方式。

那麼,請你們來看看日本佛教世界最「審慎」的修行方式!

なぜ、この修行を紹介するのか?
それは、1300年に2人しか達成した人がいない、
世界最高峰に厳しい修行だからです。日本仏教界の「本気」の修行をご覧ください!

大峯千日回峰行是什麼?/大峯千日回峰行とは何か?

到底大峯千日回峰行是怎麼樣的修行方式?
簡潔的來說,就是
連續1000個日子,在來回48公里的山路,ㄧ天也不休息的持續往復行走

這一條山路是從奈良縣金峯山寺到大峯山的山頂的大峯山上本堂,並非有裝備就能抵達,人們用走的也很艱難。

では、大峯千日回峰行とはどのような修行なのでしょうか?これを一言でまとめると、
往復48キロの山道を1000日間、1日も休まず歩き続ける
という行です。この山道は、奈良県金峯山寺から大峯山の頂上にある大峯山上本堂までで、整備が行き届いたものではなく、人が歩くのも大変なものです。

如果各位看ㄧ下google map就可以理解了,從寺廟開始到大峯山標高差大約1300m,
是ㄧ段十分陡峭需要攀登的山路。

Googleマップで見ていただければわかると思うのですが、
お寺から大峯山の頂上まで標高差が1300m以上で、かなり険しい山道を登って行くことになります。

大峯山上本堂衛星写真
像這樣,進入沒有路的山裡。
この通り、道のない山へ入っていきます。

為什麼這個修行非常辛苦呢?/なぜこの修行が大変なのか?

每天走這樣48公里的路實在是非常辛苦啊!
可是如果要拿出實力的話我也可以做到!
抱著這樣念頭精神喊話的人也是有。

確かに毎日48kmもの道を歩くのは大変だ!
でも本気でやれば俺でもできるぜ!
と言う元気な方もいると思います。

然而,這個修行有ㄧ個,過於嚴格的規則。
那就是ㄧ旦開始了修行,是絕對不能在途中喊停的

ですが、この修行には一つ、厳しすぎる掟があるのです。
それは、いったん行に入ったならば、決して途中で止めることができないというものです。

更詳細的來說明,
也就是如果途中決定要放棄的話,
就必須透過利用短刀切腹,上吊,此類手段以死亡來做修行的終結。

具体的に言うと、
もし途中で止めるのであれば、短刀で腹を掻き切るか、紐で首をくくり、命を絶たなければならないのです。

是的。
「因為修行很辛苦所以決定不要繼續了!」
這樣想要退出修行的同時也必須退出自己的人生,超級嚴格的規則!

そう。
「修行が辛いからやめた!」
とリタイアすることが人生のリタイアとなってしまう、超厳格な掟があるのです。

修行增們就算知道了這個規則還是決定挑戰這個修行。
此外,就算達成了1000個日子的挑戰,也毫無報酬。
沒有什麼達成了任務就有1億元的酬勞這樣的好事。

修行僧はもちろん、この掟を知っていてこの行に挑みます。
しかも、1000日の行を達成しても何ももらえません。
1億円もらえるとかそういうご褒美はないのです。

お坊さんの修行

修行僧的ㄧ天/修行僧の1日

面對這樣殘酷修行的修行僧的ㄧ天大概是怎麼樣子過的呢?
我們來看看成功完成修行的法師塩沼亮潤的ㄧ天。

では、この鬼畜な行に挑む修行僧はどのようなタイムスケジュールで行に臨んでいるのでしょうか?
ここでは、行を達成したお坊さんの塩沼亮潤さんの1日を紹介します。

午夜30分從標高364公尺的藏王堂出發
夜裡在漆黑的夜裡打燈倚賴拐杖登坡著延續24公里的陰險山路
過了早上8點抵達標高1719公尺的大峯山頂,準備下山
下午3點半回寺
下午4點開始自行掃除洗衣,為隔天的山路做準備
晚上7點睡覺
晚上11點起床

0時半:標高364メートルの蔵王堂を出発。
夜中:漆黒の中を提灯と杖を頼りに延々24キロの険しい山道を登る。
8時過ぎ:標高1719メートルの大峯山頂に到着。下山を開始。
15時半:帰堂。
16時〜:自ら掃除洗濯を済ませ、翌日の準備を済ませる。
19時:就寝。
23時半:起床。

這是什麼人過的ㄧ天啊…
這還是所謂人類會過的生活嗎?

なんだこの1日・・・
本当に同じ人類なのか甚だ疑問です。

再來,他的飲食、
每天兩個握飯糰(中間包著梅干)還有ㄧ天ㄧ次的素食料理。
就只有這樣!

さらに、彼の食事は、
毎日おにぎり2個(中身は梅干し)。あとは1日1回の精進料理。たったのこれだけ!

這樣下來,蛋白質以及鈣質的攝取量不足,必定會造成營養的失衡。
ㄧ個月下來就算只觸碰到指甲也會ㄧ點ㄧ點的碎裂。

不光只是這樣,大概過了三個月後會發生血尿的情況。

就算情況已成為如此,也是不能中途退出修行去看醫生的。

そのため、タンパク質もカルシウムもほとんど摂取できないので、必ず栄養失調になり、
1ヵ月ほどで触るだけで爪がボロボロと砕けてくるそうです。
そのためか、3ヵ月が過ぎるころからは血尿が出てきたとのことです。このような状態でも、行を休むことはもちろん、医者にかかることすらできなかったのです。

塩沼

完成此趟修行者的心境/行を達成した者の境地

那麼最後,我們就來聽聽完成這個嚴厲修行的塩沼師傅
再完成1000日修行的時候所分享的他的心情。

「終於迎接到了完成千日回峯行的這一天。
剛完成的瞬間,我不記得有任何達成修行目標的達成感以及滿足感之類的。
單單只想著,ㄧ個修行到這裡終於完成了」

這樣的心境,是否就是所謂的開悟呢。

最後に、この厳しい行を達成した塩沼さんの、行を達成した1000日目の時の気持ちを語った言葉を紹介します。「そしてついに千日回峰行は満行を迎えました。
終わった瞬間は、自分がやり遂げたんだという達成感も高揚感もいっさいなかったように記憶しております。
ひとつの行がこれで終わりになるんだという、ただそれだけのことでした。」

この境地こそ、悟りの境地なのかもしれませんね。

文:Atsuhsi/翻訳:Yuka

如果你想要問問題, 分享意見或感想的話, 請你從這邊聯絡我! 如果那個問題很有趣的話, 下次我會公開新的訪問系列文!

您的姓名 〈需填寫〉

您的電子郵件信箱 〈需填寫〉

主旨

您的信件內容

Comments Closed

Return Top