N2

N2閱讀模擬試題

N2閱讀模擬試題

長文読解の練習です!
さあ、全問正解できるかな?

 文章を書くというのは、とても難しいものだ。それは、ずっと長いこと文章を書くのが大変だとか、普段使わないような言葉もたくさん知らなければいけないとか、そういうことではない。日記やSNSでの文書をちょろっと書くときに、「なんか大変だなぁ」とか、「もうやめたい」なんて思わないだろう。
じゃあ一体何が難しいのか。それは、相手に読ませるということだ。僕らが文章を書くとき、多くはそこに読み手が存在する。会社で書く文章もそうだし、大学で提出するレポートもそう。特に作家さんやライターさんとなると、自分の文章を読む人が何万何十万人ととんでもないことになる。この読者たちすべてに自分の言葉を理解させなければならない。これはとても大変なことだ。
大変な理由はただ一つ。僕らは多様的すぎるからだ。スポーツが大好きな人もいれば大っ嫌いな人もいる。動物に囲まれて育った人もいれば、動物を虐待することに情熱を傾けている人もいる。この世界には、それだけいろいろな人がいて、その人たちは各々自分の世界観や価値観を持っている。そのため、文章を相手に読ませるためには、その価値観一つ一つにあった書き方や、ツボの突き方を心得ていかないといけない。
しかし、それは実際にはとても難しい。日本人だけでも1億3000万人いて、その全員に合わせて書き方をその都度変えていくのは到底不可能だ。多くの人がそんなことは0.001秒で諦め(というか、考えもしないで)、自分とツボが同じような人にだけメッセージを書いていくのだ。①そんなんだから、その他大勢の人に自分の文章を読んでもらえなくなるのだ。
では、具体的にどうしたらいいのか。これは正直あまり教えたくないのだが、今回は特別にちょこっとだけ紹介しようと思う。それは、3つの脳について意識しながら文章を書くことだ。3つの脳とは、爬虫類脳・哺乳類脳・人間脳だ。
どういうことかというと、人間は大きく分けて3つのタイプに分類されるということだ。爬虫類脳は「いますぐ行動したい」「やってみなければわからない」という、行動に重きを置いているタイプ。哺乳類脳は「誰かと一緒にいたい」「みんな仲良くしようよ」という、友人関係やコミュニティでの調和などを重視しているタイプ。人間脳は「なぜこうなるんだ」「それは筋が違う」など論理的な思考で物事を捉えているタイプ。
人は自分の「脳」でしかものを考えない。しかし、それはこの世界の3分の1の人しか共感できない思考でしかない。残りの3分の2を引き込むためには、第2の脳と第3の脳を自分の中に持たなければならないのだ。
うん、やっぱり文章を書くって難しい。(「紙とペンだけで刑務所を脱出できますか?」Atsushi)

1:筆者が文章を書くのが難しいと言っている理由は何か。

1)長い文章を書いたり難しい言葉を知らないといけないから。
2)自分の脳と同じ脳を持っている人の割合が3分の1しかないから。
3)大勢の人に自分の文章を読んでもらうのは不可能に近いから。
4)それぞれ異なる読み手の価値観を捉えきれないから。

2:3つの脳について正しいものを選びなさい。

1)爬虫類タイプは実際に何かをすることで物事を判断する人のことである。
2)人間タイプは他人との関係をなによりも重視するタイプである。
3)哺乳類タイプは頭が賢く、普段から群れで生活する。
4)3つの脳というのは、多様な価値観の中でも代表的な3つの価値観だ。

3:①そんなんだから、その他大勢の人に自分の文章を読んでもらえなくなるのだ。とあるが、なぜ多くの人に自分の文章を読んでもらえなくなるのか。

1)3つの脳について何も知らないから。
2)多くの人に文章を読ませることを最初から考えていないから。
3)読み手のことを考えて文章を書くのが難しいから。
4)自分の主張を相手に理解させるだけの文章力がないから。

如果你想要問問題, 分享意見或感想的話, 請你從這邊聯絡我! 如果那個問題很有趣的話, 下次我會公開新的訪問系列文!

您的姓名 〈需填寫〉

您的電子郵件信箱 〈需填寫〉

主旨

您的信件內容

Comments Closed

Return Top