N1

N1閱讀模擬試題

N1閱讀模擬試題

長文読解の練習です!
さあ、全問正解できるかな?

 パーティでは、起業に興味のある大学生が何人もいて、そのうちの数人と話した。その中で一つわかったことがある。それは、起業したいと思っているものの実際にビジネスをしたことがない者がほとんどであるということだ。夢や希望を心に秘めている学生がたくさんいる一方で、そのためのアクションを起こせていない。それに私はかなりの①違和感を覚えた。なぜなら、夢は勝手に叶うものではなく自分で叶えるものであり、そのためには自らが動き出さないことには何も始まらないからだ。それに加え、行動を何もしなければ、永遠に傍観者のままであり、当事者意識は芽生えない。当事者だからこそ得られる気づきの大きさは、どこの世界も共通しているのではないか。
 12月になり、新たな「就活生」が誕生した。私は就活なんて糞食らえと思っているので、家ではもう就活なんて話題が上ることなどない。だからといって、将来に全く不安がないわけではない。学生起業というのは、ロクに武器も身につけずに戦場に臨むようなものである。身の程知らずもいいところだ。
 だからこそ、何でもやった。大嫌いなプログラミングも勉強したし、独身アラサーたちをかき集めて合コンさせたたりと、一通りのことはやった。そのおかげか、最近やっと自分の武器であったり特性というものが、より明確につかめてきた。なんでもやってみなければわからない。そしてやって得たことを次に繋げる。何かを勝ち取るのはその連続でしかない。
「人間は深淵に架けられた一本の綱である。渡るも危険、途上にあるも危険、後ろを振り返るも危険、身震いして立ち止まるのも危険。」(『ツァラトゥストラ』ニーチェ)
 黙っていても何もやってこないんなら、ガンガン攻めていきたい。なぜなら、人生はたった一度しかないのだから。(『人生ノーガード戦法』Atsushi)

1:筆者が起業に興味のある大学生に①違和感を覚えたのはなぜか。

1)起業家になりたがっているのに大学生をやっているから。
2)起業をしたいはずなのに実際に起業をしていないから。  
3)夢は勝手にかなうものだと思い、自身で努力することを諦めてしまっているから。
4)起業家を目指しているはずなのにビジネスもせずパーティに来ているから。

2:筆者の学生起業に関する考え方はどのようなものか。

1)学生が起業するのはとても危険なことなので、やめたほうがいい。
2)人生は一度きりしかないので、好きなことをして後悔のないようにするべきだ。
3)得意じゃないことでもとにかく挑戦し、実践の中で様々なことを学ぶべきだ。
4)学生が社会人と勝負するためには、まず一つの能力を十分に高める必要がある。

如果你想要問問題, 分享意見或感想的話, 請你從這邊聯絡我! 如果那個問題很有趣的話, 下次我會公開新的訪問系列文!

您的姓名 〈需填寫〉

您的電子郵件信箱 〈需填寫〉

主旨

您的信件內容

Comments Closed

Return Top