Atsushiの日本語教室-日本人的腦袋裡-

如果你想要跟日本人交往/想要控制日本上司或部下/想要考上N1的話,來看看!

想要說好日文!?Input / Output不可少!/日本語が話せるようになるインプットとアウトプット

3204 views
約9分
日文學習的方法
想要說好日文!?Input / Output不可少!/日本語が話せるようになるインプットとアウトプット

是Atsushi。

Atsushiです。

這次要來針對
之前學生問我的問題進行回答。

先日ある生徒から質問が来たので
それにお答えします。
Q
「我有想說的話,
但很難用日文表達,
我都有練習寫經(抄寫)及跟述,
到底還要怎麼做才好?」

Q
「言いたいことがたくさんあるけど、
日本語でなかなかいうことができない。
写経やシャドーイングはちゃんとやってます。
どうしたらいいでしょうか」

A

「如果你的Input夠多,
只要好好學習如何Output的話,
就能一口氣增加實力!」

A
「インプット学習が十分な人は
アウトプット学習をしっかりやれば
一気に伸びますよ」

針對這次的問題,最率直的回答就是這樣了。
應該有人會覺得,
如果沒有好好做到Input的話該怎麼辦呀?!

今回の質問に対する率直な答えは
こんな感じなのですが、
じゃあインプットがちゃんとできていない人は
どうしたらいいんだ!
と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

這次就要來說說
如何在學習上正確的Input與Output。

今回は
正しいインプット学習と
正しいアウトプット学習の
やり方についてお話しします。

寫經及跟述真正的意義/写経やシャドーイングをさせる本当の意味

有讀過我的Blog文章或
看過我的Youtube影片的人應該都知道,

我基本上很常建議大家在學習的過程中
要做到「寫經及跟述」的練習。

僕のBlogの文章を読んでいる人や
Youtubeの動画を見ている人は
もしかしたらお分かりだと思いますが、僕は基本的に
「写経とシャドーイングを徹底しろ」
という勉強のアドバイスを常々しています。

寫經的意思是
在筆記本上抄寫下日本人所寫的文章。

写経というのは
日本人が書いた文章を
ノートにそのまま書き写すというものです。

跟述的意思是
模仿聽到的日文,並發出聲音練習說出口。

シャドーイングというのは
聞こえた日本語を
そのまま真似して発音するというものです。

我總是跟我的學生說
這兩個練習是最重要的練習。

この2つが最も大事である、
くらいの感覚でいつも生徒に話しています。

有這麼多學習的方法,
為什麼Atsushi要堅持做這兩種練習呢?

いろいろ勉強法がある中で
Atsushiはなぜそればかりを
やらせるのでしょうか。

為什麼要堅持叫學生做這麼枯燥
一點都不有趣的練習呢?

なぜこんなに地味で
やっていて楽しくもないと感じる人が多い練習を
強いるのか。

答案很簡單,

因為這是最佳的「Input練習法」。

而且
「99%的學生『正確的』Input練習非常不足」

答えは簡単です。
「インプットの練習として最適だから」そして
「99%の生徒は『正しい』インプットが圧倒的に不足しているから」
です。

這是我的真心話。

これが本音です。

因為很多學生即使背了很多單字及文法(=Input),
但是方法錯誤,在實戰上根本派不上用場,

(例如:背了很多單字書上的單字翻譯,
或是背了很多不知名台灣人的instagram上的例句等等)

ほとんどの生徒が
いろんな単語や文法を覚える(=インプット)
をしていても
やり方が間違っていて実戦で使えないものになっていますし、(単語帳で単語の訳語を覚えたり
謎の台湾人のinstagramの謎の例文を覚えたりetc)

或是許多學生的目標是要
「能夠自由地跟日本人溝通」
「在和日本人一起工作時能互相了解,提出成果」

但為了達到這樣的目標,Input量卻「遠遠不夠」

多くの生徒が目指しているレベル
「日本人とある程度自由にコミュニケーションを取る」
「日本人と仕事でうまく意思疎通して結果を出す」
などに必要なインプット量に
「はるかに及んでいない」からです。

換句話說就是
「對於達到你理想的狀態,
你的學習量壓倒性的不足。」

簡単に言い換えると
「理想に対して勉強量が圧倒的に不足している」
という状態です。

雖然這麼說很殘酷,
但是這是我這麼多年來看到許多中階等級
或高階等級的學習者所下出的結論,
也是我的真心話。

これは残酷な話ですが、
数年ずっと中級者・上級者を見てきた
僕の結論であり、本音です。

*當然
如果你只是想學會一些
「去日本旅行能說的日文」
「簡單的打招戶用語」
你要用你現在的學習方法,也是沒有問題。

*もちろん
「ちょろっと日本旅行で話せればいい」
「簡単な挨拶ができればいい」
という人なら今のままの学習法でも
問題ないですが、

但我的學生或是追蹤我的人,
都想追求「如同日本人一般的日文能力」。
請你千萬不要忘記了這個目標。

僕の生徒や僕のフォロワーが目指すのは
「日本人レベルの日本語力」
です。
そのゴールを忘れてはなりません。

相反的來說,
如果你徹底做好寫經及跟述的練習,
讓你的Input量大增,
你的基礎能力將會大躍進。

逆に言えば
写経とシャドーイングを徹底していれば
インプット量は飛躍的に増えますし、
そうなれば基礎力はみるみるうちに向上します。

夠多Input之後就要Output/インプットがある程度進んだらアウトプットも

Input就像在身體裡儲備許多日文的能量,
如果吸收夠多,
接下來就要把這些能量「發揮」出來,
也就是Output。

インプットは中に日本語を貯め込む作業で、
十分中に取り入れたら今度は
「外に出す」作業のアウトプットをしていきます。

最簡單的Output練習,
就是在日常生活中做「瞬間翻譯/口譯」練習。

簡単なアウトプットの練習は
日常の中で「瞬間通訳/翻訳」をすることです。

這個非常簡單,
就是將你日常生活中看到的光景,
用日文表達出來就好了。

これは非常に簡単で
日常生活の中で
目の前の光景を日本語にしていきます。

如果你能順利表達,那就沒問題。
但如果遇到你說不出來單字或情境,
那你可以花1天找出答案,
而且1天至少要讓自己學會造出1句話。

その中でうまく言えれば問題なし。
もし言えないものがあったら
それを1日かけて答えを探す。
1日最低1文、それをする。

瞬間翻譯就是這樣的學習方法。

そんな感じの勉強法です。

可能有人會說
「這個練習我早就在做了~」

針對這樣的學習者,我建議你可以
「好好反思你與日本人之間的交流過程。」

「そんなのやってるよ」
なんて人もいると思いますが、
そんな人は
「日本人とのやりとりの徹底反省」
にも取り組んでみてください。

・這種時候該怎麼說比較好呢?
怎麼說才正確呢?

・那時候我說了A,
但如果我B的話,對話又會怎麼進行呢?

・為什麼那時候他心情變差了?
我是不是踩到他的地雷?

・この時何て言えばよかったのか?
どう言うのがベストだったのか?・あの時はAって言ったけど、
Bって言ったらどういう流れになったんだろう?

・なぜあの時彼は機嫌が悪くなったんだろう?
何が地雷だったんだろう?

等等,
好好思考你曾說過的對話,
你的日文表現能力將會更成長。

など、
実戦会話を何通りも考えることで
あなたの日本語表現力は
比較的に伸びていきます。

當然在這當中如果你不確定
自己所說的用語正不正確,
請不要忘了要仔細查字典確認哦。

もちろん、その際
「本当にこの表現でいいのか?」と
丁寧に辞書を引くのを忘れないでください。

請日本人幫忙確認/日本人の監査を入れる

很有可能你在進行翻譯的過程,
或查字典時,會有疑問:

「這個真的是對的嗎?」
「我這樣說日本人聽得懂嗎?」

当然ながら、
この翻訳作業や辞書で調べる作業の中で
「本当にこれで正しいのか?」
「この言い方で日本人に通じるのか?」
と疑問に思うこともあるでしょう。

這時請跟你身邊的日本人確認
「我這麼說有通順嗎?」
「日本人真的會這樣講嗎?」

そんな時は身近な日本人に
「これで通じる?」
「日本人は本当にこの言い方する?」
と確認をしましょう。

如果多了「請日本人確認」的工序,
你的日文將會一口氣變得更自然,

この「日本人の監査を入れる」
という工程を挟むことで
あなたの日本語は一気に自然なものになりますし、

而且「請日本人確認」
也是一種非常實質的Output練習。

この「日本人に確認する」という
1アクションが実は
もうすでにアウトプットの練習になっているのです。

如果你會覺得:
「如果錯了很羞恥耶。」
遲遲不想給日本人幫忙確認。

「もしそれが間違えていたら恥ずかしい」
と思ってなかなか日本人に
チェックしてもらえない人もいらっしゃいますが、

請你要知道
你因為錯了而感到的「羞恥」,
或是「不甘心」,
這些強烈的情緒都會增強你的印象,
最後這些日文都會烙印在你的大腦裡。

間違えて「恥ずかしい」とか
指摘されて「悔しい」という
強い感情があった方が強く印象に残って
結果的にその日本語があなたの脳裏に刻み込まれます。

所以如果你想要將日文快點學好,
請利用這些「羞恥」與「不甘心」的情緒,
將你的問題都拿去問問日本人吧!

ですから
「日本語を1日でも早くマスターしたい」
と思うのなら
恥ずかしい気持ちも悔しい気持ちも
全部利用してやるという気持ちで
日本人を使い倒してみてください。

看完今天的文章覺得怎麼樣呢?

いかがでしたでしょうか。

這次針對Input及Output
表達了我的想法。

今回はインプットとアウトプットについての
僕の考えをお話ししました。

也提到了請日本人幫忙確認的部分,
可能有人身邊並沒有這樣能幫忙確認的日本人。

今回日本人の監査を入れるべきだという
お話をしましたが
身近にそんな日本人がいないという人も
いらっしゃることでしょう。

這樣的你,歡迎來上我的線上課程。
N3以上的對象可參加C-CLASS,
N2以上的對象可參加L-CLASS、

不管哪個課程
都會針對你的日文Output最真心的訂正。

そんな人はぜひ僕のオンライン授業を
受講してみてください。
N3以上を対象にしたC-CLASS、
N2以上を対象にしてたL-CLASS+、
どちらも日本語のアウトプットを本音で添削します。

現在的日本人會有什麼感受?
現在的年輕人看到這種日文會有什麼感覺等等,
會以全面且客觀的態度來確認你的日文。

今の日本人ならどう感じるか。
今の若い人はその日本語を見てどう思うかなど、
あなたの日本語を全て客観的にチェックします。

如果你有興趣,請一定要參加看看哦!

那我們下次見!

興味がある方はぜひ一度参加してみてください。
それではまた!

文章:Atsushi/翻訳:伊婷

立刻確認C-CLASS
今すぐC-CLASSを確認する

立刻確認最新課程L-CLASS+/今すぐ最新レッスンL-CLASS+を確認する
日本人,真正想法,大受歡迎

用最高效率獲得日文腦的方法

最高效率 獲得 日文腦 方法

找到自己最適合的讀書方法

找到 自己最適合 讀書方法

拓展人脈的禁忌人脈經營技巧

拓展人脈,找到工作夥伴,摯友
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Evernote
Send to LINE