Atsushi的答案

精通能受日本人喜愛的日文的正確步驟/日本人にモテる日本語をマスターする正しい手順

精通能受日本人喜愛的日文的正確步驟/日本人にモテる日本語をマスターする正しい手順

是 Atsushi。

Atsushiです。

這次收到了 Blog 讀者傳來的問題,
在這邊來解答。

今回はBlogの読者から
質問が届いたので回答します。


「我之前已經考過 N3 了,
但還是完全不會開口講日文、
也完全無法想像會講日文的自己會是什麼樣子。
請問我該怎麼做才好呢?」

Q
「この前N3に合格しましたが、
日本語が全然話せません。
話せるようになるイメージもできません。
どうしたらいいのでしょうか。」

A
「你會不會講日文這件事,
是要讓日本人決定的。
而你只需要為此付出該有的努力就好。」

A
「あなたが話せているかどうかは
日本人が決める。
そのためにやるべきことをやるだけ。」

曾經學好英文或其他語言的人,
應該可以稍微描繪出

過去に英語や他の言語を
マスターした経験がある人なら

「只要努力學日文到某種程度,
應該就可以開口講了吧」

「ある程度日本語勉強したら
こんな感じで話せるだろうな」

「雖然可能會遇到一些難關,
但應該還是能夠克服」

「こういう壁があるだろうけど、
たぶん乗り越えられるな」

這種未來的畫面。

とか、
なんとなくイメージできると思いますが、

但要從來沒有過這種經驗的人,
現在馬上想像出
「精通日文時的畫面」
「自己流利講日文的樣子」

基本上是不太可能。

そういう経験がない人が
現時点で
「日本語をマスターしたイメージ」
「日本語がペラペラになっている姿」
を思い浮かべることはまず不可能です。

就算可以稍微幻想一下,
但應該也沒辦法做出什麼有實感的想像。

ぼんやりイメージできても
現実味のある想像はまず無理です。

就算有了
「開口說話的想像畫面」,

そもそも、
「話せるイメージ」があったとしても、

要是你本身
並沒有什麼「談話價值」的話,
日本人也不會想理你。

あなた自身に
「話す価値」がなければ
日本人は相手してくれません。

雖然這樣講可能有點言重,
但並不是每個日本人都在做義工。

厳しい言い方になりますが、
全ての日本人がボランティアを
しているわけではありません。

並不會很想跟
只會講課本上例句的人、
講話很無聊的人、
講什麼都只會附和回一句的人聊天。

教科書の例文しか話さない人や
面白い会話ができない人、
何を話しても相槌1つしてくれないような人と
話したいと思ってくれません。

很遺憾,
現實就是這麼殘酷。

残念ながらそれが現実です。

就算你說
「我考過 N1 了喔!」,
大多數的日本人心裡應該也只會想說
「喔是喔,so?」

「僕、N1合格しました!」
と言っても
「ふーん。で?」
っていうのが多くの日本人の本音です。

重要的是正確的「鍛鍊方式」/大事なことは正しく「磨く」こと

那麼,
要達到在日本人心裡
「超級想和你聊天」的等級,
到底該怎麼做呢?

では
日本人の方から
「あなたとぜひ話したい!」
と思うレベルになるには
どうしたらいいのでしょうか。

首先,一定要先努力提升自己。
所謂的「提升自己」,
並不是指去做題庫、
或是拿單字書背日文單字這種事,
而是要腳踏實地訓練出:

・練習把日本人常用的句子運用在對話中
・契合對方話語的應對及反應
・正確選擇符合情境的文法句型的能力
・能將自己想表達的感覺用最接近的日文講出來
・不會被日本人輕視的發音和姿勢
・不會讓對方感到不悅的表情

這些能力。

まずは自分を磨くことが必要です。
自分を磨くというのは、
ただ問題集をやるとか
単語帳に載っている日本語単語を覚えるとか
そういうことではありません。・日本人がよく使うフレーズを会話の中で使う練習
・相手の話に合わせた相槌/リアクション
・状況に合った文法/文型を選択する力
・自分が言いたい感覚に近い感覚の日本語をアウトプットする力
・日本人になめられない発声/姿勢
・相手に不快感を与えない表情こういったことを愚直に磨く。

預想自己和日本人溝通時的情況,
一邊鍛鍊自己。
就是這樣而已。

日本人とのコミュニケーション本番を
想定しながら磨いていく。
それが全てです。

在推開大門以前勝負就已經決定了/扉を開ける前に勝負は決まっている

這是我一個專業賭徒朋友
說過的一句話。

これは僕の友達のプロギャンブラーが
言っていたのですが、

「在推開賭場大門之前,
一切的勝負就已經決定了。」

「カジノの扉を開ける前に
全ての勝負は決まっている」
のだそうです。

意思就是說,
等到了決勝之時才去想
「應該會贏吧?」
「集中全力贏下來!」
是沒有意義的。

つまり、
勝負の場に出て
「勝てるかな??」
「気合いで勝ってやる!」
というのは全く意味がなく、

沒有確信自己是
「早就為了勝利做好十足準備了,OK的!」
「都已經經歷過那種訓練了,絕對沒問題!」

這種狀態的話,
就不會獲得勝利。

「勝つための準備を十分したんだから大丈夫」
「あれだけのトレーニングをしたから問題ない」
と確信できる状態でなければ
勝つことはできないということです。

如果目標是能夠流利地說日文的話,

日本語をペラペラ話せるようになる
というのがゴールなら

「要達到什麼程度
才算是能好好地用日文對話溝通呢」
「想要擁有讓日本人不由自主地
聽自己說話的日文能力」

「どのような会話ができれば
日本語コミュニケーションが成立するのか」
「日本人が思わず話を聞いてしまう
日本語を身につけよう」

心中一定要常保這樣的念頭、
鍛鍊自己的日文、
培養出「值得一戰的自己」。

これらを常に念頭において
日本語を磨き、
「勝負に値する自分」を
育てなければいけないのです。

反過來說,
如果你不是個「值得一戰的對象」,
日本人就很難感受到你的價值、
也就不太會想來找你說話。

逆に言えば、
「勝負に値する人」になれば
日本人の方からあなたに価値を感じ、
自分からあなたの方に話しかけにいくようになります。

也就是
「和日本人講話之前勝負就已經決定了」
這個意思。

まさに
「日本人と話す前から勝負が決まっている」
という状態になるのです。

首先要理解對方/まず相手を知ること

不論你
「想要能夠會講日文!」
的心情有多麼強烈,

要是你不知道
・現實世界中日本人的感覺跟平常使用的言語
・現代日本人心中真正的想法
・現在的你對於日文的感覺和印象

那就只是在閉門造車而已。

どんなにあなたが
「日本語が話せるようになりたい!」
と思ったところで、
・現実の日本人の感覚や普段使う言葉
・現代の日本人が考えている本音
・現在のあなたの日本語に対する感覚・印象
こういったものを知らなければ
ただの独りよがりの準備になってしまいます。

把這些事情
用日本人的角度客觀地看、
然後老實地做好該做的事情。

そういったものを
日本人の視点で客観的に捉え、
その上であなたがするべきことを
愚直に推し進めていきます。

在這個過程之中,
漸漸掌握
「原來這樣做日本人就會開心啊」
「日本人都在在意這種地方啊」

的感覺,

そうする中で
「こうしたら日本人は喜ぶんだな」
「こういうところを日本人が見ているんだな」
と日本人の感覚が徐々に身についていき、

一回過神來,
你就已經能夠自己知道
「這時候用這些句子就對了」
「根據這個人的個性,我這樣講準沒錯」

進而自信地使用日文了。

気がついたら
「ここではこういう言葉を使えばいい」
「この人はこういう性格だからこう言えばいい」
と自信をもって日本語を使えるようになるのです。

成為日文高手的步驟/日本語マスターを成し遂げる手順

為了達成這個目標,
應該要是這個流程:

そのための流れとしては、

1:你要確認想要打好關係、
想要對話的人就是有魅力的日本人。

1:あなたが仲良くなりたい、
会話できるようになりたいのは
魅力的な日本人であることを認識する。

2:正確掌握他/她所期盼的事物。

2:彼ら・彼女たちが求めているもの
を正しく把握する。

3:朝那個方向提升自己,
成為日本人眼中「想跟他說話」
「有價值的存在」

3:あなた自身が、それを埋められる様に
ブラッシュアップする。
日本人から見て「話したいな」と思える
「価値ある存在」になっていく。

4:在你成為「有價值的存在」的過程中,
理解「日本人」和「日文」真實的樣貌。

4:あなた自身が「価値ある存在」になる中で
「日本人」「日本語」の本当の姿を理解する。

5:這個階段開始,
已經可以和一般的日本人無阻礙地溝通,
也開始創造出許多美好的回憶。

5:この頃には普通の日本人となら
問題なくコミュニケーションでき、
良い思いをたくさんし始める。

6:以這些經驗為基礎,
繼續朝更高的等級挑戰。
持續地好好用基礎鍛鍊自己。

6:その経験をもとに、
より高いところへ挑戦し続ける。
基礎に忠実に自分を磨き続ける。

7:達到當初沒有人能夠想像的程度、
能用日本人眼中的「怪物」等級的日文溝通。

7:当初誰も予想できなかったレベルで
日本語コミュニケーションができる。
日本人から見て「化け物」のレベルに到達。

ーーーーーーーー

看完了這個流程,
應該就能理解:
你的想像或心情,
和成為日文高手完全無關。

ここまで流れを見ていただいて
わかったと思うのですが、
あなたのイメージとか気持ちは
日本語マスターと全く関係がないのです。

在掌握日本人心中的期望之下,
謙虛老實地持續精進自己,
才是最重要的事。

日本人が求めるポイントを押さえて、
謙虚に素直に自分磨きを進めること。
それが一番重要なのです。

「可是…那個…要怎麼做才好呢?」
「要這樣也太難了吧…」

「でも、それ…どうしたらいいんですか」
「そんなの絶対難しいですよ…」

我平常在上課的時候,
都會提到

「日本人的期望」、
「完全掌握這些期望的方式」、
「讓你轉生為『怪物』等級的方法」

這三點。

僕が普段の授業で提示しているのは、
「日本人が求めるポイント」と
「それを押さえるための手順」
そして
「あなたが『化け物』レベルに生まれ変わるための手順」
この3つです。

不知道自己該怎麼做的人,
現在就只要,
朝這個方向前進就好。

何をしたらいいかわからない人は、
今はただ、そこを進める。
ただそれだけでいいのです。

只要這樣做,
你的人生就會有 180 度的轉變。
我是這樣深信的。

ただそれだけで、
あなたの人生は180度変わる。
僕はそう確信しています。

想要紮穩 N3、N2 基礎的人,請參加 C-CLASS

想要訓練能在實戰中運用的 N2、N1 等級聽力,可以選擇 L-CLASS

N3・N2レベルの基礎から固めたい人はC-CLASS
N2・N1レベルで実戦で通用するリスニング力を磨きたい人はL-CLASS

這兩門課程的 7 月學員申請
至 6 月 30 日截止(台灣時間 23:59 為止)

どちらも
7月会員は 6月30日まで(台湾時間23:59まで)

立刻確認C-CLASS
今すぐC-CLASSを確認する

立刻確認最新課程L-CLASS/今すぐ最新レッスンL-CLASSを確認する
L-CLASS,日文,聽力

文章:Atsushi/翻譯:張茶裏

Comments Closed

Return Top