Atsushi的答案

【日文聽力】聽不懂日本人之間的對話的原因與練習法 /【日本語リスニング力】日本人同士の会話が聞き取れない原因と練習法

【日文聽力】聽不懂日本人之間的對話的原因與練習法 /【日本語リスニング力】日本人同士の会話が聞き取れない原因と練習法

好,我是 Atsushi。

こんにちは、Atsushiです。

今天收到了來自日文高級者的發問,
想在這邊來做解答。

今日は日本語上級者から質問が届いたので、
それに回答していこうと思います。

問題

平常看日劇、新聞、聽演講或發表會的時候,
他們講的日文我都可以聽得懂,
但是聽日本人在聊天、或是在 Instagram 跟 Youtube 看直播的時候,
就幾乎聽不太懂他們在講什麼。
請問應該怎麼做才可以聽得懂呢?
質問
普通のドラマやニュース、講演、プレゼンテーションなどの日本語は
聞き取ることができるのですが、
日本人同士のおしゃべりやInstagram・Youtubeなどのライブの話は
なかなか理解することができません。
どうしたら聞き取れるようになるのでしょうか。

Atsushi的答案/Atsushiの答え

會有這個問題的學習者真的非常多,
尤其是具有某種程度以上的高級者身上特別常見。

こういう質問をしてくる学習者は本当に多くて、
特にある程度学習を積んだ上級者に多いと思います。

那麼,為什麼會發生這種
「日劇和新聞都可以理解、
但日本人之間的對話或直播的對談就無法理解」

的問題呢。

さて、今回のような
「ドラマとかニュースは理解できる。
でも日本人同士のおしゃべりやライブ放送のトークは理解できない」
という問題はどうして起きているのか。

首先從原因來看,
可以從三個方向思考。

まずはその原因から見ていきましょう。
考えられる原因は3つあります。

職業棒球投手般的速度/プロ野球投手並みのスピード

第一個原因是「速度」上還不習慣的問題。

1つは「速度」に不慣れという問題です。

新聞或演說時使用的日文,
基本上都不是太快。
這邊不是用日文學習者的標準、
而是以我們日本人的標準而言。

ニュースやプレゼンで流れる日本語というのは
基本的にはそこまで速くありません。
これは日本語学習者の基準ではなく、
あくまで僕たち日本人の基準です。

語速如果太快的話,
聽眾的理解能力就會降低,
因此需要保持所有人都能聽懂的速度。

なぜなら速くしすぎてしまうと
聞き手の理解度が下がってしまうため、
どんな人でも聞き取れるスピードを保つ必要があるからです。

還沒到高級程度的人,
可以先把「能聽懂新聞」定為聽力的目標。

まだ上級者未満の人はニュースの聞き取りができるかどうかを
リスニングレベルの目標に据えるといいと思います。

與此相比,
日本人的對話節奏,
如果在速度相當的人之間,
就會非常高速的進行。

それに比べて、
日本人同士の会話はテンポが速い人同士のものになると
ものすごいスピードで進んでいきます。

比如說聊到正嗨的年輕女孩子,
就會用超快的速度講話。
尤其是關西人的對話對一般的日本人來說,
更是常常會覺得「好快」、快跟不上了的等級。

テンションが上がっている若い女の子とか
物凄いスピードで話していますよね。
特に関西人同士の会話は一般の日本人でも
「速っ」ってついていけなくなるレベルで速いです。

用棒球來舉例的話,
新聞或演說之類的就像是「速度上限130km/h的打擊練習場」
而相對的,一般人講話就是
「無限制球速的職業棒球中投出的球(120~160km/h)」
這樣的感覺。

野球で例えるなら
ニュースやプレゼンなどが「上限130km/hのバッティングセンター」
なのに対し、一般人のおしゃべりは
「速度制限なしのプロ野球の投球(120~160km/h)」
といった感じです。

所以,
如果從來沒有聽過這樣高速的日文、
或是參與這種節奏之下的對話的話,
當然會覺得
「講太快了根本不知道在講什麼啊!」

そのため、
根本的にそのハイスピードな日本語を聞いたことがなかったり
そのテンポの会話に参加したことがなかったりすると
「速すぎて何が何だかわからない」
となってしまうわけです。

「Atsushi老師!可是日劇跟動畫也有很講很快的台詞啊!
我聽那些就沒問題唷!這是為什麼呢?」

也許會有這樣的質疑的聲音出現。
這就關係到第二個原因了。

「Atsushiさん!ドラマやアニメでもものすごく速いセリフとかあるけど、
特に問題ないですよ!それはなぜですか?」
という声が聞こえてきそうですが、
これは2つ目の問題が関係しています。

聽不懂初次見面的人講的日文的理由/初対面の人の日本語が聞き取れない理由

無法理解日本人之間的對話、
或是實況直播中的交談
的第二個原因是不明白「文脈」的問題。

日本人同士のおしゃべりや
ライブ放送のトークが理解できない
2つ目の原因は「文脈」がわからないという問題です。

在日劇或動畫中對話或談判的場景中,
雖然也會用高語速節奏展開對話,
總還是可以理解。

ドラマやアニメで言い合いや掛け合いのシーンでは
早いテンポで会話が展開されることがありますが、
なんとなく理解できる。

這是為什麼呢?
これはなぜなのでしょうか。

答案很簡單。
因為劇情故事的前後脈絡都大概了解,
「總之大概就是在說這些事情吧」
所以可以聽得懂。

答えは簡単。
その前後のやりとりやストーリーの大筋がわかっているから
「なんとなく、こんなこと言ってるんだろうな」
というのがわかっているからです。

這點在平常和交情好的日本人
或日本同事對話的時候也是一樣的。

これは普段仲良くしている日本人や
同僚の日本人との会話でもそうです。

從過往的交談之中,
無意識的推測
「因為這個人是這樣子的人,平常在講的都是這些事。
那剛剛他這樣說的話,現在大概是在講這些吧」

就能簡單的理解對方發言的內容。

いつも話している中で
「この人はこういう人で、普段こういうことを言っている。
で、さっきこう言っていたから今は多分こう言ってる」
というのが無意識のうちに理解できているから
何を言っているのかが簡単に理解できるのです。

但是和平常沒有交談過的人對話的時候,
因為這種「過往的文脈」的基礎是0,
就抓不到理解對話的關鍵點了。

ところが普段話していない人と話すときは
そういう「いつもの文脈」が0になるわけですから、
会話理解のヒントがなくなってしまいます。

因此就很容易發生
「聽不懂他現在在講什麼」
的狀況。

それによって「何を言ってるのかわからない」
という状況が生まれやすくなってしまうのです。

而且,日本人之間的對話中,
會有一些日本人絕對會知道的「先備知識」
而這本身就是一種「共通的大文脈」

また、日本人同士の会話では
日本人同士だったら当たり前に知っている
「前提知識」がある状態で会話をしていて、
それ自体が「共通の大きな文脈」となっています。

比如說,可能會講到一些
同年代的人一定看過的動畫或連續劇、
人氣棒球選手或偶像明星、
當時造成社會轟動的事件或名人等等。

例えば、同年代の人だったら必ず見たであろうアニメやドラマ、
人気の野球選手やアイドル、
世の中を騒がせた事件や有名人など
こういったものがあります。

把這些事情加入平常的對話中的話,
會怎麼樣呢?

それが普段の会話の中に投げ込まれると
どうなるのでしょうか?

應該就都聽不懂了吧。

わけがわからなくなるでしょうね。

大騙子「サムラゴウチ」/大嘘つきの「サムラゴウチ」

舉個例子

Aって感じで、私にずっと嘘ついてたってことなのよ!
Bえーそれってもうサムラゴウチ並に大嘘つきじゃん
A本当それ。耳聞こえないなら聞こえないでその設定守り続けてほしかったわ。
Bサムラゴウチは諦めてアラガキさんとこ行こうよ。
Aどっちもおっさんじゃん(笑

A就如此這般,一直都在騙我欸!
B咦~那不就是和「サムラゴウチ」一樣的大騙子嗎!
A真的。真希望他就一直維持好耳朵聽不到的形象就好了說。
B放棄サムラゴウチ投入アラガキ的懷抱吧。
A兩個都是阿伯啦(笑

這段對話。

例えば、
A:って感じで、私にずっと嘘ついてたってことなのよ!
B:えーそれってもうサムラゴウチ並に大嘘つきじゃん
A:本当それ。耳聞こえないなら聞こえないでその設定守り続けてほしかったわ。
B:サムラゴウチは諦めてアラガキさんとこ行こうよ。
A:どっちもおっさんじゃん(笑
という会話。

這是一段關於
A被男友劈腿很久,一直被男友欺騙
的故事,
而B用了「サムラゴウチ」這個詞來做比喻。

これはAさんが彼氏に長い間浮気されていて、ずっと嘘をついていた
という話なんですが、
それに対してBさんは「サムラゴウチ」という言葉で例示を行っています。

「サムラゴウチ」到底是什麼呢?

この「サムラゴウチ」とは一体なんなのでしょうか。

佐村河内是一個耳聾的作曲家,
他的耳朵其實聽得到、而且曲子全部都是委託一名新垣先生做槍手來寫的,
他的一切都是謊言。
而上面就是以 2014 年發生的這個事件為基礎,所開啟的對話。

実はこれは、耳が聞こえない作曲家の佐村河内氏が
実は耳が聞こえていて、作曲も全て新垣氏というゴーストライターに
依頼して行っているという、何もかも全部嘘だったという
2014年の事件をもとにした会話なんです。

因為這件事在當時震驚了全日本,
很多人到現在都還記得這件事,
「サムラゴウチ」=「大騙子的代名詞」
就是一個很多人都懂的哏。

これは当時日本全国に衝撃をもたらした事件だったため、
多くの人が今でも覚えている事件であり、
「サムラゴウチ」=「大嘘つきの代名詞」
というのは多くの人に通じるネタです。

一般在日本人的對話之中,
這樣的東西會大量的摻雜進去,
不知道這些背景知識的話,就會很難理解對話內容。

一般の日本人同士の会話には
こういったものがたくさん含まれているため、
この背景知識を知らないと会話が理解しにくくなります。

拓展自己的領域=提升聽力/自分の領域を広げる=リスニング力アップ

聽不懂日本人之間的對話的
第三個原因是「涉獵領域」。

日本人同士の話がわからなくなる原因の
3つ目は「ジャンル」です。

自己平常有接觸的領域中的日文,
就算是對一般人很困難的詞彙也能輕鬆理解。

当たり前のことですが、
普段自分が触れている領域の日本語だったら
一般的に難しい語彙でも問題なく理解できます。

例如,
使用日本製醫療器具的醫生,
自然會知道那項器具和療法相關的日文;
(甚至知道連日本人都不知道的用語)
而在半導體產業的工廠工作的員工,
就會熟悉半導體相關的單字或表達方式。

例えば、
医者で日本製の医療器具を使っている人なら、
その器具や治療法に関する日本語は問題なく知っているでしょうし、
(日本人でも知らないような用語も)
半導体メーカーの工場に勤務している人なら
半導体関連の単語や表現を熟知しているはずです。

就像這樣,
不管我們在使用母語或是外文的時候,
都有自己擅長的強勢領域和完全不懂的「弱勢領域」。

このように、
僕たちは母語を使うときでも
外国語を使うときでも
自分が強いジャンルと全然わからない「弱いジャンル」があります。

講到自己專長以外的話題的話,
雖然用母語還能稍微理解,
但是外語就完全不懂了。

這些都是很常見的狀況。

専門外のことの話になってしまうと、
母語ならなんとなくわかっても
外国語なら全くわからなくなる。そんなことがザラにあります。

在和自己不同年代的人對話的時也一樣。

また、同様のことが
自分とは違う年代の人との会話でも起こります。

長輩們會用一些日常接觸的朋友們不會用的單字,
所以很容易覺得「真的很難理解他在講什麼」。
(再加上老人講話口齒不清的話真的會聽得很痛苦)

普段接している友達が使わないような単語を
年長者はどんどん使ってくるため、
「何を言ってるのかよくわからない」という状況になりやすいです。
(高齢者だとそこに滑舌の問題も入ってくるので大変です)

反過來說,
擴大自己可以掌握的領域、
也就是自己能夠對話的範圍,
你能理解的日文就可以增加。

逆に言ってしまえば、
自分の認識できる領域、
つまり会話できるジャンルを拡大することで、
あなたが理解できる日本語を増やすことができるのです。

提升聽力的訓練菜單/リスニング力を上げるためのトレーニングメニュー

現在了解聽不懂日本人之間對話的三個原因了,
那具體來說,到底該做怎樣的訓練,
才能夠開始聽懂那些對話呢?

日本人同士の会話が聞き取れないことの3つの原因は
わかってもらえたと思うのですが、
では具体的にどのようにトレーニングを積んだら
それも理解できるようになるのでしょうか。

這次要來揭曉兩種訓練的方法。

今回は2種類のトレーニングを示したいと思います。

首先第一個是關於速度的對策。
還不習慣高速日文的人,內容聽不懂也沒關係,
總之先大量的聽快速的日文,習慣那樣的速度感。

まず1つ目は速度対策です。
速い日本語にまだ慣れていない人は内容が分からなくてもいいので
まずはたくさん速い日本語を聞いて
そのスピードに慣れましょう。

Youtube 可以把速度調快兩倍,
這也是能習慣高速日文的一個手段。

Youtubeなら日本語の速度を倍速まで速くすることができるので、
それで高速日本語に慣れるのも1つの手です。

我的學生裡面,程度很高的學生們,
都會用兩倍速去聽我的錄音。

僕の生徒の中でもレベルが高い生徒たちはみんな僕の音声を
倍速で聴いています。

如果只是這樣被動地聽,學習效果會比較低落,
試著對聽到的日文
用快速的日文「吐槽」或「附和」看看吧。

それでただ聞くだけだと受動的で学習効果が低下しがちなので、
聞こえてきた日本語に対して
高速日本語で「ツッコミ」や「相槌」を入れる
というのをやってみてください。

像是對於「橫濱卡車翻覆,60 頭豬隻脫逃」的新聞,
就要瞬間反射地說出
「そんなバカなことあるかい!」(會發生這種愚蠢的事嗎!)
「マジ?!大事件じゃん!」(真假?!大事件欸!)

「横浜でトラックが横転して豚が60頭脱走しました」というニュースに対して
「そんなバカなことあるかい!」
「マジ?!大事件じゃん!」
と言ったことを瞬間的に反応していきます。

這就像是實際對話的模擬訓練,
先把日常對話的反射神經給鍛鍊起來,
在實際對話的時候就也能夠快速地做反應。
(日本的搞笑藝人也都會做這樣的訓練)

これは実際の会話の模擬訓練みたいなもので、
日常的に会話の反射神経を鍛えておけば
実際の会話でも高速で反応できるようになります。
(日本のお笑い芸人たちもこういうトレーニングをしています)

另一項則是「文脈」和拓展「涉獵領域」。
去看一些自己沒興趣的領域的書或動畫,
「在這個領域裡是用這樣的方式來表達啊⋯」
增加自己接觸過的日文表達方式。

もう1つは「文脈」と「ジャンル」を広げることです。
自分には興味がない分野の本や動画でも目を通して
「この分野はこういう表現を使うんだ…」
と触れたことがある日本語表現を増やしていきます。

在 Instagram 或 Twitter 之類的社群網站上,
每天看一些自己平常絕對不會涉獵的領域的帳號
也是不錯的方式。

InstagramやTwitterなどSNSで
普段自分が絶対見ない領域のアカウントを
日々チェックするのもいいと思います。

不過,自己在做這種訓練的時候,
多少還是會因為自己的喜好而有所偏頗,
最好還是請其他人幫忙隨機選擇題材比較好。

ただ、このトレーニングは自分でやろうとすると
自分が好きなジャンルに偏りがちになるので
やはり第三者に題材をランダムに選択してもらった方がいいです。

此外,
多和不同年齡層的日本人交朋友也很重要。

また、自分が仲良くしている日本人の層を広げることも大事です。

多數人都只會和自己年齡相仿的人來往,
可以的話從 -10、-20 歳的年輕人,
到 +10、+20、+30、+40 歲的年長者,
廣泛和他們來往,你的字彙能力和聽力也會突飛猛進。

多くの人は自分と年齢が近い人としか付き合いませんが、
できれば-10,-20歳と若い人から
+10、+20、+30、+40歳と年上の人まで
幅広く付き合っていくことで
語彙力もリスニング力も飛躍的に向上していきます。

看完這篇文章,覺得如何呢?

因為無法加入日本人之間的對話而煩惱的高級者們,
把這次介紹的練習方法實踐在生活之中的話,
也能夠鍛鍊自己對話時的反射神經吧。

いかがでしたでしょうか。
日本人同士の会話に入っていけないと悩む上級者も
今回紹介した練習を生活に取り入れていくことで、
だいぶ会話への反射神経が鍛えられていくのではないかと思います。

能夠自主學習的人,當然希望你現在就開始好好努力,
如果覺得今天的內容,要靠自己一個人做到好像很困難的話,
想磨練出對日文的瞬間反射力的人,推薦參加 C-CLASS;
想將自己的字彙和表達能力極限延伸的人,請參加 S-CLASS。

自学自習できる人はこれから頑張ってほしいのですが
もし今日話した内容を一人でやるのが大変だという人には、
瞬間的な日本語の反射能力を磨きたい人はC-CLASS
語彙力と表現力を限界まで伸ばしたい人はS-CLASS
がオススメです。

每一種課程都有日文的作文訂正,
是一段能把你的壞習慣徹底粉粹、
讓你掌握正確的日文的路程。

どちらも日本語の添削つきで
あなたの悪い習慣をぶっ壊して、
正しい日本語だけを身につけてもらうプログラムです。

有興趣的人請務必申請加入喔!

那就下次再見!

興味がある人はぜひお申し込みください。

それではまた!

文章:Atsushi/翻譯:張茶裏

立刻確認C-CLASS
今すぐC-CLASSを確認する

立刻確認S-CLASS
今すぐS-CLASSを確認する

Comments Closed

Return Top