Atsushiの日本語教室-日本人的腦袋裡-

如果你想要跟日本人交往/想要控制日本上司或部下/想要考上N1的話,來看看!

A-CLASS「超實踐高級日本語講座」2019年10月課程介紹/2019年10月授業スケジュール

4004 views
約19分
A-CLASS
A-CLASS「超實踐高級日本語講座」2019年10月課程介紹/2019年10月授業スケジュール

A-CLASS「超實踐高級日本語講座」2019年10月課程介紹
A-CLASS「超実践上級日本語講座」2019年10月授業スケジュール

10月份主題:
「建立良好人際關係的用字遣詞及溝通技巧」

10月のテーマ
「人間関係を構築する言葉遣いとコミュニケーション術」

正統文法之8:自動詞・他動詞/真実の文法〜その8:自動詞・他動詞〜

你能夠活用自動詞‧他動詞嗎?
あなたは自動詞・他動詞が得意ですか?

「自動詞‧他動詞」
肯定可以列入華語圈學習者最不擅長的日文文法前3名!

中華圏の人が苦手とする日本語文法のトップ3に必ず入ってくるのが、
この自動詞・他動詞。

這是中文沒有的概念,
而且和其他文法不同,自他動詞並沒有「速成公式」,
所以讓許多學習者相當困擾。

中国語にはない概念であり、
他の文法とは違って「すぐわかる公式」がないことから、
多くの学習者を悩ませています。

學習的過程中,你可能會因此感到沮喪,覺得:
「想要精準的使用自他動詞,難道就只能靠不斷的練習嗎…?」
「自他動詞真的只能靠一個一個背起來嗎…?」
其實自動詞‧他動詞有常用的使用情境,
我們日本人也都是在下意識的情況下,使用那些情境來寫書寫。

「結局、自然にできるようになるまで練習するしかないのか…」
「1つ1つ暗記するしかないのか…」
とがっかりするかもしれませんが、
自動詞・他動詞にはよく使うパターンが存在し、
僕たち日本人は無意識のうちに使って文を作っています。

這次不只要告訴你自動詞‧他動詞常出現的情況,
還會說明如何「不靠死記」,就可以掌握「自動詞‧他動詞本質」的概念唷。

今回は自動詞・他動詞のケース別に頻出パターンを紹介するだけでなく、
暗記に頼らない「自動詞・他動詞の本質的な概念」を説明します。

理解這個概念之後,
不僅可以幫助你判斷什麼時候該使用自動詞,什麼時候該使用他動詞,
還能讓你在學敬語等其他文法時減少錯誤的發生呢!

この概念を覚えることで自動詞・他動詞で迷うことが大幅に減るだけでなく、
敬語など他の文法を学ぶときもミスが起こりにくくなります。

如果你想要減少「說錯‧寫錯」的犯錯機率,
絕對不容錯過這次的精彩內容哦!

少しでも言い間違い・書き間違いを減らしたい方、必見です!

連日本人都會犯錯的「危險敬語」/日本人も間違える「危険な敬語」

日文好難啊!
不只對外國人來說是如此,
其實日本人自己也這樣覺得。

日本語は難しい。
これは外国人はもちろん、日本人もそう感じています。

針對日本人的問卷調查當中,
多數人都覺得日文最難的就是「敬語」。

連日本人都覺得難,
那敬語對外國人來說恐怕是難上加難的「大魔王」了。

日本人にアンケートすると、
一番難しいのは「敬語」と答える人が多いです。
日本人ですら難しいと感じるのですから、
外国人にとってはとんでもなく難しい「魔王」のような存在かもしれません。

但在商業日語當中絕對少不了敬語,
因此許多人都努力地想學好敬語。

しかしながら、日本人相手にビジネスをする際、
敬語は不可欠であり、
多くの人が頑張って敬語を勉強していると思います。

其實就算不會敬語,
單用教科書上學到的丁寧語「です・ます」,也能和日本人溝通。
但要是你學會了敬語,
會讓日本人覺得你的日文很好,
是個值得信任的人,
並且獲得更多信任感哦。

実際のところ、敬語ができなくても教科書で習う
「です・ます」の丁寧語だけでも
なんとか会話はできるのですが、
やはり敬語ができると
「この人は日本語がとても上手で信頼に足る人物だ」と
信用を勝ち取りやすいです。

不過要是用錯了敬語,
則會讓人產生不好的印象,
更糟糕的還可能把對方惹生氣,
因此必須確實的學會用法才行哦!

ところが敬語は間違って使うと悪印象を与えたり、
場合によっては相手を怒らせてしまうこともあるため、
しっかり使い方を学ばなければなりません。

這次將以日文越好越容易掉入的「敬語陷阱」為主軸,
解析許多人在使用敬語時,常犯的錯誤重點。

今回は日本語がうまくなればなるほど陥りやすくなる「敬語の罠」をはじめ、
多くの人が間違えやすい敬語のポイントを解説します。

歡迎來到能夠純熟活用日文的頂尖世界!
大人な日本語を操るエリートの世界へ、ようこそ。

建立穩固人際關係的閒聊能力〜談判專家的傾聽技巧〜/強固な人間関係を築く雑談力〜ネゴシエーターの傾聴術〜

很多人想學日文的原因,
不外乎是想要變得很會說日文,
或是想要跟日本人有更深的交流。

日本語うまく話したい。
日本人ともっとコミュニケーションをとりたい。
そう思って日本語を勉強している人がとても多いです。

不過大部分的人都把精力用在「如何說」,
其實「傾聽」也很重要哦!

多くの人は話すことばかりに意識が行っていますが、
実は「聴く」方も大事なのです。

不管你有多好的「會話能力」,
如果沒辦法正確聽懂對方想說的話,並給予正確的回應,
對方可能會覺得:
「這個人都沒在聽我說話啊」,
「反正說了你也聽不懂」

反而被討厭…
再也不想跟你說話也不一定。

どんなに話す力を身につけても、
相手の話を正しく聞き、正しくレスポンスする力を身につけないと、
「この人は話を聞いてくれない」
「どうせわかってくれない」と嫌われてしまい、
それ以降話してくれることがなくなってしまいます。

另一方面,善於傾聽的人都很受歡迎!
和擅長傾聽的人聊天,總是覺得非常愉快,
也會讓人想要和你再繼續聊天,提升對你的好感度呢。

一方、聞き上手な人は人気者です。
聞き上手と話すととても楽しい気分になってくるから、
「またこの人と話したいな」と、
好感度が上がっていきます。

這次將要介紹如何掌握傾聽的技巧,
讓你學會「聽話能力」

今回はその「聴く力」を身につけるために、
傾聴のメソッドを紹介します。

而且這次介紹的是,
與犯人搏命交涉的「談判專家訓練講座」中會學到的技巧。

紹介するのは、犯罪者と命をかけた交渉をする
「ネゴシエーター」養成講座で行われているものです。

以及告訴你馬上就能使用的「傾聽片語」,
並透過實際演練,讓你鍛鍊出傾聽能力及會話的反應力哦。

對自己的日文會話沒有自信的人,
或許能夠運用傾聽的技巧,
聽懂日本人說的話,藉此療癒對方,拓展自己的人際關係呢!?

それに加えてすぐに使える日本語傾聴フレーズと、
実践練習を紹介して、あなたの傾聴力・会話反応力を鍛えます。
日本語会話にあまり自信がない人でも、日本人の話を聞いて、
相手を癒し、人間関係を拡大していけるようになるかも?!

震驚日本人的語彙能力之2:如何使用接續詞,讓你說的話更有邏輯/日本人も驚く語彙力 〜その2:ロジカル接続詞〜

接續詞非常重要!
接続詞はとても大事です。

接續詞是句子跟句子之間的連接詞,
也能用來表達文章或會話接下來的方向。
具代表性的字例如:「しかし、そして、だから」等等。

接続詞は文と文をつなぐ言葉で、
その文章や会話の流れを表す言葉です。
代表的なものは「しかし、そして、だから」などです。

能夠正確使用接續詞,
就能流暢統整對話的內容,讓你說的話變得淺顯易懂,
給人「頭腦清晰」的印象。

これが使いこなせると、
会話でもうまく使えば話がまとまって、話がわかりやすくなり
「この人はとても頭がいい人だ」という印象を抱かせることができます。

而且知道怎麼活用接續詞的話,
在寫日本語能力試驗的讀解題目,
或平時閱讀文章時,
都能夠輕易的了解文章的流程,
讓閱讀文章變得相當輕鬆。

そして、日本語能力試験の読解問題をはじめ、
日本語の文章を読む際に文章の流れが理解しやすくなり、
とても楽になります。

這種難易度的差別,
就很像你到了印度的鄉下自助旅行時,
卻兩手空空毫無資訊,根本不知道往哪走,
或是你手上是有Google地圖,讓你知道方向的感覺。

インドの田舎をGoogleマップを持って旅行するのと、
手ぶらで旅行するのと同じくらい難易度が変わります。

雖然說接續詞是這麼方便的工具,
但要是用錯,則會導致整句話的邏輯大亂,
或是口語表達的詞彙與書寫的詞彙混用等,
讓人覺得你講話很奇怪哦。

それくらい便利なのが接続詞なのですが、
使い方を間違えて覚えて話の論理が崩壊している人がいたり、
話し言葉と書き言葉がごっちゃになって妙な話し方になっている人をたまに目撃します。

這次會說明接續詞的使用方式及分辨方法,
並且解說如何利用接續詞,讓你的表達能力具有邏輯性。

今回は接続詞の使い方と使い分け方、
そして接続詞を使った論理の組み立て方も説明します。

歡迎來到邏輯思維的日本語講座!
ロジカルな日本語講座へようこそ!

A-CLASS2019年10月特典1

個性內向的人也能拓展人脈的會話技巧/内向的でも人脈を築けるコミュニケーション術
(5000円相当/此特典價值相當於日幣5000元)

當你聽到「人脈」這個字,
你會連想到什麼?

あなたは「人脈」という言葉を聞いて、
どんなことを連想しますか?

在提到「拓展人脈」的時候,
很多人可能會連想到去參加派對,和許多人聊天交流,交換名片,
或是一起喝好幾次酒,而結交到的朋友。

「多くの人が人脈を作るというとパーティに行って
たくさんの人と会話して名刺を渡したり、
一緒にお酒を何回も飲みに行ったりして作るものですか?」
とか

還有像是在Facebook的好友人數很多等等的印象。

「Facebookの友達の数が多いことですか?」
とか色々なイメージがあると思います。

但到底該怎麼拓展人脈‧結交到好朋友呢?
一直以來書中都建議我們多去「參加派對」或「交換名片」。

人脈・仲間を作るにはどうしたらいいのか。
従来の本では「パーティに参加しましょう」とか
「名刺を配って回りましょう」とか
アドバイスが書いてあると思います。

如果是個性外向,喜歡和人相處的人,還沒什麼問題,
但如果是個性內向,喜歡自己獨處,一個人放鬆充電的人,
和很多人交流根本是地獄。

人付き合いすることが好きな外向的な人だったらいいですが、
なるべく自分の内側でエネルギーを充電していたい
内向的な人にとってこれはただの苦行です。

不過這裡有個好方法要推薦給內向的人,
你可以不需要使用那些擅長溝通的人,常用的「建立人脈技巧」,
也能夠拓展人際關係,
結交到知心好友,維繫感情哦!

しかし、そんなコミュニケーションが得意な人たちが提唱する
従来の「人脈術」なんか使わなくても、
内向的な人でも本当の友達・仲間と出会い、
その関係を持続させる技があるのです。

比起量更重視品質,
以科學根據來拓展人脈的技巧,只告訴你!

量ではなく質の
科学的に根拠のある人脈術を
今回あなたにお伝えします。

這個方法不僅是和日本人,
也能運用在與自己國家的人相處上。
當然外向的人也可以使用哦。

もちろんこれは日本人相手でも、自国の人相手でも変わらず使えます。
そして外向的な人も当然使うことができます。

學了日文,又懂得這個溝通技巧之後,
你再也不需要煩惱沒有日本朋友,
而且還能跟你的朋友介紹:
「我有那種日本的好朋友,可以介紹給你哦!」
「啊,我跟那間壽司店的店長認識,我幫你問問看能不能預約吧!」

這樣的日子指日可待呀!

だから日本語を身につけた上でこのコミュニケーション術を身につけたら
あなたは日本でも仲間に困ることがなくなり、
他の友達や知り合いに
「俺、こんな日本人と仲がいいから紹介してあげるよ」
「ああ、この寿司屋の店長と仲がいいから予約できるか聞いてあげるよ」
と紹介してあげる日が来るかもしれません。

A-CLASS2019年10月特典2

『自習用的例句集/問題集』
(此特典價值相當於日幣5000元)

每週都會提供針對每次課程內容,所製作例句及問題集。

A-CLASS2019年9月特典2
『自習用例文集/問題集』
(5000円相当)
授業に関連するテーマの例文や問題を集めたものを
毎週あなたにシェア。

A-CLASS2019年9月特典3

『上課內容的聽打文字PDF檔』
(此特典價值相當於日幣4000元)

為了解決上課時聽不懂或是沒聽到的問題,
會提供給你每週的上課聽打文字PDF檔。

A-CLASS2019年10月特典3
『授業書き起こしPDF』
(4000円相当)
授業を聞いても何を言っているか聞き取れなかった。
そんな問題を解決するために
毎週書き起こしPDFをあなたにシェアします。

請活用聽打的文字檔,
來提升你的聽力、語彙能力、作文能力及讀解能力!

書き起こしファイルを活用して
リスニング力・語彙力・作文力・読解力
とあらゆる力をどんどん引き上げていってください!

報名注意事項/応募申し込み
A-CLASS是什麼?/A-CLASSとは?

A-CLASS 上課日期/A-CLASS 授業日

10月4日、11日、18日、25日
每周五23點左右,約1~1.5個小時
(為了幫助你課後複習,會將影片檔及上課文字檔分享給參加課程的同學)

10月4日、11日、18日、25日
金曜日23時ごろから1〜1.5時間程度
(後からでも復習できるよう、動画ファイルと授業スライドPDFを公開)

繼續上3個月以上的學生的感想/3ヶ月以上継続している生徒の感想

ワーホリで日本に行った時、いい友達ができました。
しかし、日本語がまだ下手で、時々言いたいことがあったのに言葉が出てきませんでした。
どのように改善すればいいのかと思っていたところ、「Atsushiの日本語教室」のサイトでA-CLASSについての紹介を見かけて、授業を受けると決めました。
正しい日本語、勉強スキル、人に好かれる話し方など、いろいろ学んでいます。
先生のおかげで、日本語能力試験の読解問題を解く時に答えを選びやすくなって、7月のN2試験に無事合格しました。
先生の説明を通じて、文法の使い方に対するイメージがクリアになりました。
最近友達に「驚いたよ!日本語が上手になったね。」と褒められて、嬉しかったです!
ーーーーーーーーーーーーー
新しい知識も手に入れるし日本語も学べる。
一石二鳥だと思いました。
真実の文法と歴史が好きです。
男女の脳も面白かったです。
自分書いた文をもっと気を付けます。
間違いやすいところ自分が意識しています。
授業で学んだ事を周りの人にシェアするのは好きです。
だから毎週の授業を楽しみにします。
ーーーーーーーーーーーーー
2009年に交換留学生として一年間日本で留学して、その後ワーキングホリデーで日本で生活していました。2012年に帰国し、台湾で就職しました。今は会社の日本業務担当を務めていますので、日本語を使う機会が多いです。日本語を練習するために、日本語学校に通っていましたが、去年出産したから、毎日育児と仕事をするのはもう精いっぱいので、学校に行くのはもう難しいです。

ちょうどその時、FACEBOOKでAtsushi先生のA-CLASS授業を見て、「これは私に相応しい!」と思います。ライブ授業に参加できなくても、後日に勉強すればいいってことはとてもありがたいです。

今はたまに赤ちゃんにミルクをあげる時、Atsushi先生の授業を聞きます(笑)。
聞き取りの練習と自然な言い方を勉強しています。また、似ている文法の使い分けの説明も好きです。
日本語のメールを書いている時、もっと細かい部分に気を付けます。
ーーーーーーーーーーーーー
東京で働いております。
仕事の関係上、日本語でレポートを書いたり、クライアントの前にプレゼンを発表する機会が多いのですが、ネーティブではないので挫折したところが多かったです。
より自然な日本語を使うようになりたいです。
「が」と「は」の違い、どのように人を説得する
普段あまり気づいてないところ沢山ありますので、大変勉強になりました。
日本語に対するモチベーションをさらに高められた。
普段の業務に取り込ませて頂いております。
いつも楽しい授業ありがとうございます。
内容が豊富でいつも楽しみにしてます。資料とても見やすくて参考になります。
仕事は激務のため、宿題あまり提出できないのですが、今後できるだけ出せますように頑張ります。
ーーーーーーーーーーーーー
それはA-CLASSの授業内容は豊富だからです。毎週の内容が面白いし、いろいろ勉強になりました。
毎週どんなに疲れていても、ちゃんと授業を受けています。
「真実の文法」シリーズが好きです。なぜなら、昔通った塾で勉強したことなのに、今A-CLASSを通じて知っている真実は初めて聞いたのと同じくらいびっくりしたからです。

そして、先生が作った例文集はとても面白いです。復習しながら楽しいと感じています。
時間が足りなくなりました(笑)
でも、日本語を学ぶ時間が多くなりました。
ーーーーーーーーーーーーー
大学で日本語を専攻し、その後京都に一年間留学したことがあります。大学卒業後から今日に至るまで、カスタマー・サポート(CS)に従事してきました。特に前職は日本語によるコミュニケーションが大切な職場なので、自分自身がフロントに立って、日本のメンバーとのやりとりや調整を行うポジションでありました。今は自分の言いたい事は伝わりますし、日常会話にも困らない状態にあり、何とか仕事ができるレベルです。でも、今のままじゃ物足りなくて・・・意思疎通の精度を上げる意味でも、日本語のスキルアップは必要不可欠だと思っています。日々の業務に携わるにつれて、私はネイティブと対等に話せる、渡り合えるだけの日本語を身に付けたい、もっと上に行きたいという気持ちが強くなる一方です。なんとしてでも突破口を見つけて、現状の上がりも下がりもぜず横ばい状態のレベルからワンランクレベルを上げたいです。
このように、社会人になってからも言語交換をしたり、家庭教師を雇ったりして、教材などを利用して学んでいました。とは言っても、これまでの自分の学習のやり方では、実践的なスキルに繋がる力は付かなかったので、どうやって磨いていけばいいのかと自分の力に限界を感じ、正直、考えあぐねていました。単なる文法、単語学習とは違って、生きた日本語を総合的かつ多面的に学べるという基準で先生を探しましたが、なかなか見つからず諦めかけていました。そんな矢先、たまたま見つけたのがAtsushi先生ののサイトでした。先生の生徒さんの苦しい経験を見たとき、まるで自分のことのようだと思ったのです。さらにA-CLASSという講座の紹介文を見たら、そのコンセプトである「誰にもバレずに「日本人に嫌われる日本語」から卒業する上級日本語勉強法」という部分に非常に共感できたので、型にはまらない生きた日本語が学べるA-CLASSの受講を決心しました。
例文を通してネイティブならではの語感を説明してくださったおかげで、わかっていたつもりでも、意外と抜けているおろそかにしてはいけない基礎文法を確認し直すことができたと思います。こういうようなスムーズに話せるようになるための「カギ」である「感覚」が学べてとてもよかったと思います。
また、自分は情報タイプがメインの人間なので、日本語の勉強はもちろん、実際の日常生活や仕事に活かせる知識、情報も得られて、まさに一石二鳥です!
例文集の音声をゲットするために宿題をこなすのに必死でしたが、良い意味での負荷だと思います、そういうことをコツコツと積み重ねることで、受講して半年未満でも、普段日本語でやりとりする時に「あのフレーズが使えるな」と表現の幅が大きく広がった気がします。
教材に具体的な事例が材料として豊富に盛り込まれているため、自分の職場や日常生活でのさまざまな場面や言動について振り返る絶好の機会になりました。なぜ良くないのか、どこが悪いのかを考えさせることでこれまで自分が話していた日本語の至らない点に気づかされることが多々あります。どういうふうに話をすれば、相手が聞き取りやすいのかとか、どんな話が説得力があるのかなど、今まではほとんど考えたこともなかったのですが、同じ内容を伝えるにしても大きく異なることが分かりました。また、自分自身でも話をするときに学んだことを徐々に意識できるようになりました。ただ話を聞くだけでなく、自分で考えさせられることがあるので色々な物事について考える習慣がつきました。
A-CLASSでは、いろんな場面における日本人への接し方、仕事を円滑にする職場の人間関係の築き方、周囲と差がつく丁寧な言葉遣い、好意を持たれる言葉の選び方、喜ばれる気遣いテクニック、マナーやルール、暗黙の了解、空気を読まないといけない場面など、単に日本語を学ぶだけではなく、社会人として社会で生き抜くために必要な知識を日本語で学べる点が大きな魅力です。Atsushi先生は博学でお話が面白いだけではなく、授業の内容にも興味をそそられるものばかりです。そのため、仕事が終わった後の夜遅い時間の授業でも飽きずに楽しめます。また、時間的にも長すぎず、短すぎずで集中できてちょうどよいです。授業の内容は、中国語でも考えたことのない内容があり、色々と気づきが多く、物事を新たに考えるきっかけをいただくこともあります。実際に授業を受けてみると、なるほどの連続で、想像以上に実践的です。教材や例文集で取り上げられる内容は実践的で次の日からビジネスにそのまま利用できる内容も多いと思います。
私の知るかぎり、これほどしっかりした内容の授業は他にありません。これだけの授業を6,000円/月で受けられるのはとても得した気分になりました。私のように日本語の学習の仕方がわからない方、仕事上で日本語で苦労されている方に、ぜひA-CLASSを受講していただきたいと思います。
ーーーーーー
覺得念了很多日文 但是好像都用不出來 寫跟說都不自然 讀可能也只是靠漢字亂猜 (猜還猜錯意思) 所以看到A-class的文章 覺得可能是可以幫助我找出日文學習的盲點 加以突破 而參加這個課程
一些關於日本人的心理和習慣用語 這是其他地方比較學不到的
雖然感覺學了很多東西 但還是用不出來
可能是自己多去製造練習跟使用的機會
希望作業可以被完整的批改 但因為這算是團體班的課程 所以老師也只能挑幾個同學常犯的錯誤出來修正
所以會有點不確定 自己的作業 沒被修改的地方 到底是寫對了 還是純粹只是沒有被收?到Q&A的部分

課堂上的互動主要是以文字表達 但因為還沒養成用日文思考的習慣
所以連要想發問的句子都會想很久 這時候又會錯過上課的內容
只好課後再以作業的方式提出
希望可以多一些情境式的對話例句
如果可行的話 作業可以有完整的修改

謝謝老師三個月來的指導
ーーーーーー
三か月前、私はMr.Childrenのライブに参加して
もちろんライブは何の問題もなく、桜井さんの日本語もわがったし(たぶん)、問題のあるのは自分の日本語能力です。
開演前、周りに日本人の方がいっぱい囲まれていて、流れに会話が始まりました。
その時、もともと日本語の私がさらに下手になって、数字さえ上手に話せないと気付きました。
(お互いの席の番号を聞いたり聞かれたりしたので、数字がよく使いました。)
それに、今の仕事はほぼ日本語とが使えないので、このままではいけないと思っていました。
その時、偶然にAtsushi先生のFacebookの文章を見て、なんか面白そうだし、説得力もある、うけてみようかなと思って、A-CLASSの授業を始めました。
授業で毎週のテーマによって、さまざまな日本語に関する物事を勉強しているけど、中に一番好きなのは多分真実の文法や質問応答や宿題の添削です。
先生は紛らわしい文法にちゃんと説明したり、例文を作ったりいつも大変勉強になりました。
質問応答や宿題の添削の部分はほかの学生の宿題を見て、自分も間違いやすいところに気を付けられます。それだけでなく、例文をみると、いろいろなライフスタイルも見えて、面白いです。
授業を始める前と今に比べると、多分前よりたくさん日本語を書きました。前は書く相手もないし、書いてもSNSに載って短いつぶやきで、あまり書かなかった。いまは宿題を出すために、日本語で書いています。書きながら、忘れてきた日本語がもう一度勉強できます、とても役に立つと思っています。(たくさん積み上げっていますけど……)
授業の話によると、Atsushi先生はなんかモデルそうですねとよく思っています。羨ましいです。もし機会があったら教えてください。
(とばしたかったけど、必須項目のので、つい授業と無関係の問題がでました。すみません。)
ーーーーーー
日本語の勉強歴はほぼ三年半、だが日本語を使いたい時、頭が真っ白になり、文法とか単語などすべて忘れてしまいました。
実際に会話する時に、自信もないし、経験もほとんどないし、すごく緊張して言葉が出て来なかった、悔しくてならないと思います。
一番印象に残った授業内容は「時間表現の攻略」、そして日本人を操る『日本語の語感』というテーマです。
毎週、先生の授業本編そして例文を読んで、MP3音声をシャドーイングをしています。
今以上に自然な日本語表現になり、だんだん日本語を話す自信がついてくると思います。
先生の授業は毎回面白くて実用性があると思います。そして先生の雑談力はすごく強いと思います。

報名注意事項/応募申し込み
A-CLASS是什麼?/A-CLASSとは?

用最高效率獲得日文腦的方法

最高效率 獲得 日文腦 方法

找到自己最適合的讀書方法

找到 自己最適合 讀書方法

拓展人脈的禁忌人脈經營技巧

拓展人脈,找到工作夥伴,摯友
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Evernote
Send to LINE