Others

連日本人都用錯,「千萬別學」的日本語/日本人が間違える「絶対真似してはいけない」日本語

連日本人都用錯,「千萬別學」的日本語/日本人が間違える「絶対真似してはいけない」日本語

「聽說日本人也會講出奇怪的日文,是真的嗎?」
「日本人でも変な日本語を使っているって本当ですか?」

課堂上,我常聽到有些學生抱怨:
「日文怎麼這麼難啊~」
「日本人到底是怎麼搞懂這麼難的文法!?」

普段授業をしていると、
「日本語って本当に難しいな」
「日本人はなんでこんな難しい文法がわかるんだ!」
なんていうボヤキが聞こえてくることがあります。

也有些學生覺得:
「日本人真好,學日文的時候應該不覺得難吧…?」

そして中には
「日本人はいいですよね。難しくないでしょう?」
なんて言ってくる生徒もいます。

嘖嘖嘖,這你就錯了。
其實日本人也覺得日文很難,
而且就連日本人自己也會用錯日文呢!

いやいやいや。
日本語は日本人にとっても難しいです。
そして日本人だって日本語を間違えることがよくあります。

其中,
最有名的就是「打工敬語」

その間違いの中で、
とても有名なものに「バイト敬語」というものがあります。

這是指在便利商店或是家庭餐廳打工的店員,
使用錯誤敬語的狀況。

コンビニやファミレスなどのバイトの店員が使う、
間違った敬語ということです。

可能很多人會覺得:
「怎麼會用錯敬語,你們不是日本人嗎?」

多くの人は
「なんで間違った敬語を使ってるの?日本人なんでしょう?」
と思うと思います。

請讓我娓娓道來,
首先日本的家庭餐廳幾乎都是連鎖店,
像這種連鎖經營的店家,都會有統一的員工手冊。

その原因を順番に話すと、
まず日本のファミリーレストランのほとんどがチェーン店で
まとめて経営する際にマニュアルというものを使います。

裡面會寫一些「當發生這樣狀況時,請用這種話術回應」等等,
與客人應對的技巧。
而當中收錄的「打工敬語」,就這樣一口氣的推廣到全國。

その中で「こういう時は、こういうフレーズを言いましょう」という
対応例がいくつも書かれています。
その中にバイト敬語が収録されていて、
全国に一気に広がることになったのです。

學會了那些敬語的年輕人,換了其他新工作時,
聽到其他人說的敬語跟自己一樣,
內心就更肯定自己的說法是正確的。

そしてそれを聞いて育った若者が新しくバイトを始める時、
彼らは「あ、みんながこう喋っているから、この言い方が正しいんだ」
という認識で自分も使い始めるわけです。

約莫是在最近10年左右,
漸漸有書籍、網站開始出現抨擊打工敬語的聲浪,
認為「打工敬語不正確」或是「打工敬語是錯的」。
漸漸地越來越多企業開始使用正確日文的員工手冊,
不過「打工敬語」依然還是存在。

ここ10年くらいでしょうか、
「バイト敬語は良くないよ!」
「間違っている!」
という声が色々な本やサイトで言われてきて
企業によってはしっかりした日本語のマニュアルが
使われてきている印象があります。
しかしながら、それでも依然としてバイト敬語が生き残っています。

這次要來介紹幾個「千萬不能模仿」的打工敬語。

今回はそんな「絶対に真似してはいけない」
バイト敬語をいくつか紹介していきます。

「こちら〜になります」(這是…變成~)

在初級教科書中會提到「〜になります(變成~)」的文法表現,
那時候你學到的是什麼意思呢?

入門レベルの教科書で「〜になります」という表現を習うと思いますが、
その時どんな意味で習いましたか?

沒錯,「〜になります」是用來表示「從A的狀態,變成B」,
含有「轉變」意思的動詞。

但是家庭餐廳等等的餐飲店,卻將這個動詞用在說明客人點的餐點:
「お客さんが注文したもの+になります(您點的餐點將變成是~)」
用於表示「您點的餐點是~」。

そう、「Aという状態からBという状態に変化する」という「変化」の意味を持つ動詞ですね。
ですがファミリーレストランをはじめとする飲食店では
「お客さんが注文したもの+になります」
という表現で「あなたが注文した〜〜ですよ」という意味を表すことがあります。

這當然是錯誤的日文,因為當你說:
「こちら、ハンバーグになります(這個,變成漢堡)。」
這句話會讓人誤以為:
「咦?是什麼東西變成漢堡了?!」
有種哈利波特魔法世界的感覺。

もちろんこれは間違った日本語で、
「こちら、ハンバーグになります」
と言ったら厳密には
「え?!今何か別のものがハンバーグに変身したの?!」
とハリーポッター的な現象になってしまうのです。

正確的用法應該是:
「(こちら)〜です。(這是…)」或是「(こちら)〜でございます。(這是…)」

正しい表現は
「(こちら)〜です。」あるいは「(こちら)〜でございます。」です。

雖然這個用法不正確,
但你到了日本旅行一定會聽到這種用法,
要是你聽到時,就當作自己有聽懂就可以了。

まぁ、間違っているとはいえ、
日本へ旅行に行くと必ず耳にする言葉なので、
聞いてわかるようにしておくといいでしょう。

「〜円からお預かりします(收您~元)」

對於來日本玩的旅客,
購物算是旅程中的一個樂趣。
常常在新宿的街頭,
看到遊客到驚安的殿堂或是藥妝店,
買一大堆只有日本才買的到的東西。

海外からの旅行客の楽しみの一つに
ショッピングがあると思います。
ドンキホーテやドラッグストアで日本でしか買えないものを
買いまくる旅行客を新宿でよく見かけます。

在購物或去餐廳吃飯,結帳的時候,
最常聽到的一句話就是:
「〜円からお預かりします(收您~元)。」

そんなお買い物、そして食事の際に一番よく聞くのは
お会計の際に出てくる
「〜円からお預かりします」
だと思います。

「〜から」是助詞,表示「從〜」「from〜」。
而在這句話裡面,則會用來表達「〜という場所/空間から・・・を預かる(從某個『空間』得到了~)」
那到底是「從哪裡?」又「拿到什麼?」
這是一句完全詞不達意的句子。

「〜から」はもちろん「從〜」「from〜」という意味の助詞で
この場合だと「〜という場所/空間から・・・を預かる」という意味になって
「どこから?」「何を預かるんだ!」
と意味不明な1文になっているのです。

其實原文應該是:
「〜円をお預かりし、その中から代金の・・・円をいただきます」
(商品總共是~元,收您~元)

但在打工敬語當中,卻把它縮減的完全變了樣。
不禁讓人覺得,這是一句過度簡化的日文…。

実はこの文、
「〜円をお預かりし、その中から代金の・・・円をいただきます」
という文が変に省略されてできた形だと言われています。
いや、その略し方おかしすぎ…と思わざるを得ません。

「〜のほう、お持ちしました(幫您送上您點的~)」

這又是餐飲業會用的打工敬語。
これまた飲食店でのバイト敬語です。

這就很像你點了蛋糕,店員幫你送來的時候,
跟你說:
「幫您送上蛋糕的部分」

ケーキを注文して
「ケーキの方、お持ちしました」
などと言われます。

日文當中的「〜の方」
表示2種以上的其中一個東西。

「〜の中の1つ(~某範圍當中的一個) 」
「AとBだったらA(A和B當中,選了A)」等等,
泛指某範圍中的其中一個對象。

「〜の方」というのは
2つ以上ものや対象がある状態で、
「〜の中の1つ」「AとBだったらA」といった
1つの対象を指す言葉です。

如此一來,當你點了咖啡跟蛋糕時,
店員送餐來說:「幫您送上蛋糕的部分」
這還可以理解。

但要是你只有點蛋糕,
店員如果說:「幫您送上蛋糕的部分」,
就會覺得怪怪的。

だからコーヒーとケーキを注文していて
「ケーキの方(を)お持ちしました」
だったらまだ理解できるのですが、
ケーキしか注文していないのに
「ケーキの方(を)お持ちしました」
と言うのはなかなかおかしいです。

會讓人很想問:
「蛤?我只有點蛋糕耶!還是怎樣?難道你要多送我杯咖啡不成?啊???」
(好孩子請不要模仿這句話的說法…汗)

「お?俺はケーキしか注文してねぇぞ?それとも何だ?あんたは俺にコーヒーでも奢ってくれんのか?あぁん?」
とか言いたくなってしまいます。
(良い子は絶対真似しないでね)

看完了這篇文章,覺得怎麼樣呢?
這次介紹的是日本人才會犯錯的日文表現,
其他還有很多很多…。

いかがでしたでしょうか。
今回は日本人だからこそ間違える日本語表現を紹介しました。
これ以外にもまだまだあります。

特別是在職場上,很常出現「錯誤的敬語」,
而且還是日本人自己也沒有注意到的錯誤,
真的要非常小心。

特にビジネスの場でよく出現する「間違った敬語」は
日本人もその間違いに気がついていないことが多いので、
かなり注意が必要です。

如果想要知道更詳細的內容,
請參加10月份A-CLASS的課程,
會有關於敬語的詳細解說哦!!
請一定要來上課!!

もっと詳しく学びたい!
という人は10月のA-CLASSで敬語について詳しく解説しますので、
ぜひご視聴ください!

想了解更多A-CLASS資訊/A-CLASSを詳しく知る

現在馬上報名A-CLASS/今すぐA-CLASSに申し込む

Comments Closed

Return Top