Atsushiの日本語教室-日本人的腦袋裡-

如果你想要跟日本人交往/想要控制日本上司或部下/想要考上N1的話,來看看!

在日本結交摯友、靈魂伴侶和商業夥伴的方法——邂垢理想型異性的地點是??/日本で親友・ソウルメイト・ビジネスパートナーを作る方法-タイプの異性と出会える場所はどこ?

1557 views
約10分
商業/創業
在日本結交摯友、靈魂伴侶和商業夥伴的方法——邂垢理想型異性的地點是??/日本で親友・ソウルメイト・ビジネスパートナーを作る方法-タイプの異性と出会える場所はどこ?

(內容出自特別講座「拓展人脈」/特別セミナー「人脈マスター」より)

Atsushi「要習慣做創造人脈的行動」。

Atsushi:「人脈アクション習慣」ですね。

伊婷嗯嗯。

伊婷:はい。

A為了要真正地獲得人脈,
該養成什麼習慣、有怎樣的行為才好呢?
接下來就要來具體地聊聊這件事。

Atsushi:実際に人脈を手に入れていくためには、どのような習慣を持ってどのような行動を取っていけばいいのか?
それについて具体的にお話ししていきたいと思います。

好的。

伊婷:はい。

A首先第一點就是「前往人脈匯聚的場所」。

Atsushi:1つ目。「人脈が集まる場所に行きなさい」ですね。

嗯嗯。

伊婷:はい。

A那麼,這邊有件事情想要先來釐清一下。

想要擴展人脈的話,請先增加自己的___。

不增加這個的話,不管你是多好、多優秀的人,
也不可能擴展開你的人脈。
請問是要增加什麼呢?
伊婷,你認為是什麼呢?

Atsushi:さあ、ここなんですけど、まずわかってほしいことがあって。
人脈を増やしたかったら、___を増やしてほしいんですよ。
これを増やさなければ、どんなにあなたがいい人でも、どんなにあなたが素晴らしい人でも、人脈は増やせません。
さあ、何を増やしたらいいんでしょう?
伊婷さん、何だと思います?

錢。

伊婷:お金です。

A錢?你覺得有錢就能擴展人脈嗎?

Atsushi:お金?お金があれば人脈が集まりますか。

應該是怪怪的人脈⋯⋯

伊婷:変な人脈…

A沒錯,應該會靠近你的都是些沒什麼認識價值的人。

Atsushi:そう。たぶんそこで集まってくるのは、ろくでもない人脈ですよね。

對呀。

伊婷:そうですね。

A嗯。正確的答案是
「要增加與人相遇的總量」。

Atsushi:そう。
正解はですね、「人と会う総量を増やす」ですね。

啊原來。

伊婷:あぁー。

A與人相遇的總量,也就是說
目前每個禮拜都只會遇見五個人的話,
就去增加到 30 人、50 人之類的。

Atsushi:人と会う総量。つまり、今まで1週間に5人しか会っていない人だったら、
例えばそれを30人にするとか、50人にするとか、そういうことですね。

嗯。

伊婷:はい。

A雖然聽起來很像廢話,
但一直嚷嚷著「好想要談戀愛喔」「想要交到男朋友」「想要交到女朋友」
卻一步都沒有離開家門的人,
是不可能交到男女朋友的吧?

Atsushi:当然のことながら、「恋人欲しいよー」「彼氏ほしい」「彼女ほしい」って言っていて、
家から一歩も出なかったら、恋人できるわけないですよね?

沒錯。

伊婷:はい。

A你要是沒有去和異性接觸,就不可能談成戀愛。

Atsushi:それなりに異性と触れ合わないかぎり、恋人はできません。

嗯嗯。

伊婷:はい。

A這是很理所當然的事。
想要和他人有所連結、獲得新人脈的話,
首要的一件事就是增加總量。

Atsushi:これは当然の話なんですけど、人とつながりたい、
新しい人脈を得たかったら、まず総量を増やさなければいけない。

那好,我想要來增加我與人相遇的總量了。
那就要去人潮聚集的地方了。

那這個人潮聚集的地方又是哪裡呢?
接下來就要來講講這件事。

で、じゃあ、人と会う総量を増やしたい。
じゃあ、人脈が集まる場所に行きましょう。
では、人脈が集まる場所ってどういう所なんだ?って話なんですよね。

嗯。

伊婷:はい。

Atsushi:A伊婷你覺得會是哪裡呢?

Atsushi:どういう所だと思いますか。伊婷さん。

派對。

伊婷:パーティー。

A派對啊,喔喔。

Atsushi:パーティー。なるほどね。

酒吧?學校?之類的。

伊婷:バーとか、学校。

A酒吧或學校啊。
嗯,學校的確是有很多人呢。
你覺得圖書館怎麼樣?

Atsushi:バーとか学校。学校は確かに人いっぱいいますね。
図書館どうですか。図書館。

圖書館的話,感覺太安靜了。

伊婷:図書館は、なんか静かで、

A了解。

伊婷想像的場景,
感覺都是一些很多人、熱鬧的地方呢。

Atsushi:なるほど。
っていうことで、伊婷さんのイメージだと、
やっぱ人がいっぱいいて、にぎやかな所っていうイメージがありますね。

對呀。

伊婷:そうですね。

A的確這樣是也不能說錯啦,
但我希望你能記住的是這個地方:
「你想遇見的人喜歡去的地方」
這裡才是對你來說能夠真正拓展人脈的地方。

Atsushi:もちろんそれも間違いではないんですけれども。
僕は、ここでちょっと覚えておいてほしいのは、ここなですよ。
「あなたが出会いたい人が好きな場所」。
これがあなたにとって必要な人脈が集まる場所です。

的確在派對上會遇到的人是很多沒錯,
但是對派對沒興趣的人,
在那邊遇到的人可能也會覺得不怎麼樣。
反之,很樂於參加派對的人,
去那種親子共學之類認真知性的地方遇到別人,
也會覺得「這些人太乖了、好難聊啊⋯⋯」

っていうことで、結局、確かにパーティーに行けばいろんな人いるんですけど。
パーティー全然興味ない人からしたら、
パーティーで出会っても「んー…」って感じだし。
逆に、パーティーとかそういうのが好きな人は、
なんかまじめな「なんとかスクール」とかそういう所で人と出会っても、
「なんかこの人たちおとなしいなぁ。なんかしゃべらないなぁ。」ってなってね。

也不是說在那邊就一定會發生什麼,
總之就先去你想遇到的那種人會出沒的場所吧!
我認為那裡才會有很多能成為你好夥伴的人,
所以是一定要常去的。

別にそこで何か生まれるわけではないので、
まず、あなたが出会いたい人が好きな場所に行くっていうのが一番ですね。
そこにやっぱりあなたの仲間になり得る人がすごくたくさんいると思うので、
そこはまず埋めるべき場所ですよね。

好。

伊婷:はい。

A既然如此,那就要先決定好你想遇見怎樣的人了。
要先明確的定義,這個動作非常的重要。

Atsushi:ということで、まず最初にどんな人と出会いたいのかを事前に決める。
事前にはっきりさせる。これがすごく大事です。

伊婷:B咦~嗯。

伊婷:へぇー。はい。

A畢竟很多常說「想交到朋友」「想談戀愛」的人,
連自己喜歡怎樣的人都說不清楚。
但如果連這個都不知道了,
又怎麼可能知道自己要去那裡才能遇到那個人呢。

Atsushi:だから、けっこう「友達ほしい」とか「恋人ほしい」って言いながら、
どういう人と付き合いたいのかっていうのがはっきりしていない人が
あまりにも多いんですね。でも、それがわかっていなかったら、
じゃあ、どこで出会ったらいいのか、どこに行けばいいのか、わからないわけですよね?

對。

伊婷:はい。

A所以一定要先搞清楚自己的想法。

對方的性別?
大概在什麼年齡層?
要什麼職業呢?
這個人喜歡的事物或場所是怎樣的地方呢?
穿著打扮的風格?
為什麼想要遇見這樣的人呢?

Atsushi:まずそれをはっきりします。

性別は?
その人だいたい年齢どれくらい?
職業どういう感じ?
その人が好きなものとか好きな場所ってどういう感じ?
どんな服装してる?
何でその人と出会いたい?

像這樣子明確定義出對方的樣貌,
想過這些之後,就自然會知道自己該去哪裏了。

これくらいはっきりさせるんですよね。
これがわかれば、行くべき場所って自ずと見えてくるんですよ。

真的嗎?我從來沒想過這個問題耶。

伊婷:本当ですか。考えたことないですね。

A沒有對吧?

Atsushi:ないでしょう?

對啊。

伊婷:はい。

A有件事我一直覺得很不可思議,
很多男生嘴上一直說「我真的很不受歡迎,好想交到女朋友喔」
但要是問他們說「那你想要跟幾歲的女生交往呢?」
幾乎沒有什麼人可以瞬間回答欸。

Atsushi:けっこう、これ僕からしたらすごい不思議なのが、
男の子で「俺モテたいです。彼女ほしいです。」とか、
そういうこと言う男性っていっぱいいるでしょう?
なのに、「じゃあ、あなたは何歳のどういう女の子と付き合いたいんですか。」
って聞いた時に、それがパッて言える人ってすごい少ないんですよ。

喔喔~嗯。

伊婷:あー、はい。

A我就很想問
「連這種事情都不知道,
你怎麼可能知道你的真命天女會在哪裡出現呢?
那不知道的話,你就只能像無頭蒼蠅,隨便找人了不是嗎?
那你又要怎麼樣遇見命中註定的那個人呢?」

Atsushi:「それがわからなかったら、あなたが一番付き合いたい女の子がどこにいるかはっきりしないでしょう?はっきりしないってことは、
あなたは適当にその辺歩いて、適当な女の子を見つけるしかないわけでしょう?
それで運命の出会いどうやって見つけるんですか。」って聞きたくなるんですよ。

對耶。

伊婷:はい。

A以東京的女生來說,
25歲以上的輕熟女、或是18~20歲左右的青春女大生,
兩者會在東京出沒的地點就不一樣了吧。

Atsushi:女の子だったら、東京で言うんだったら、
20代後半のちょっと大人な女性なのか、それとも
18歳から20ぐらいのすごい若い女子大生なのか?
これで東京で遊んでいる場所がまず変わるんですよね。

嗯嗯。

伊婷:はい。

A想找稍微有點成熟風格的話就應該要往銀座那邊、
年輕世代的話最近都是在新宿或新大久保一帶,比較韓系的地方。

你不到那邊應該就遇不到了。
反過來說,只要去了,那邊就超多年輕女生的。

Atsushi:ちょっと大人だったら銀座の方に行かなきゃいけないし、
今の若い子たちっていったら新宿、新大久保ですよ。韓国系の所ですよ。そういう所に行かないと出会えない。
逆に言えば、そういう所に行けば若い子たちはいっぱいいるわけですけど。

嗯。

伊婷:はい。

A所以你不先清楚定義想找的人,
就不知道自己應該要何去何從了對吧。

Atsushi:そういうのをまずはっきりさせないと、
自分が行くべき場所っていうのも決まらないわけですね。

對。

伊婷:はい。

A這不僅能用在遇見異性,找工作機會也適用。

Atsushi:これはもちろん異性との出会いもそうだし、仕事の出会いもそう。

想要遇到閃亮的酒店女生的話,就去六本木或銀座。
這是很理所當然的吧。
這些人本來就會在六本木出沒嘛。

キラキラしたキャバ嬢と出会いたいんだったら六本木か銀座に行く。
これは当たり前の話です。
こういう人たちは六本木とかそういう所にいるんでね。

那想要遇到經營意識高超的商業人士該怎麼辦呢?
舉例來說,日本有個叫做「倫理法人會」的特別團體,
會在每天早上五點、五點半會舉行讀書會之類的。
就去那裡、或是獅子會之類的,在台灣應該也有吧?

意識高い経営者と出会いたいならどうしたらいいか?
例えば、日本だったら「倫理法人会」っていう朝5時くらいから、
朝5時とか5時半から読書会とか勉強会をやってる頭おかしい集団があるんですけど、
そういう所とか、あと「ライオンズクラブ」って、
台湾にもあると思うんだけど、そういう所に行く。

我說真的,在日本做生意的話,
一定至少聽過一次這個名字。
雖然我不太懂他們為什麼要在早上五點半開讀書會啦。
不過像是一些有企圖心的律師或企業家,
就都會到這種場合。

本当、これ、日本でビジネスやっていると、
1回は絶対名前聞く集団なんですけど、
朝5時半から勉強会やってるって意味わからないですよ。
でもやっぱ、それくらいやる気のある弁護士とか、
やる気のある経営者とかが来るんですよね。

嗯。

伊婷:はい。

A因此,第一個大原則就是
認真決定好你想要遇見的人,然後作出相應的行動。
這只是基本的原則啦,
想要和有錢人或是重要人士偶遇的話,
那就要有其他特殊的手段了⋯⋯

Atsushi:なので、まず原則としては、
こういう出会いたい人をちゃんと決めて、そこに合わせて動く。
それが原則なんですけど、お金持ちやVIPと偶然出会える場所、
ここをちょっと特別に扱いたいんですけど…

想要知道更多精彩後續,
就馬上申請參加「拓展人脈」!
続きが気になる人は
今すぐ「人脈マスター」にアクセス!

拓展人脈,找到工作夥伴,摯友

用最高效率獲得日文腦的方法

最高效率 獲得 日文腦 方法

找到自己最適合的讀書方法

找到 自己最適合 讀書方法

拓展人脈的禁忌人脈經營技巧

拓展人脈,找到工作夥伴,摯友
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Evernote
Send to LINE