日文學習的方法

臺灣自由譯者教你開口說日文的學習法/台湾人フリーランス翻訳家が語る、日本語の勉強の仕方と翻訳家になるための条件(スペシャル 対談その3)

臺灣自由譯者教你開口說日文的學習法/台湾人フリーランス翻訳家が語る、日本語の勉強の仕方と翻訳家になるための条件(スペシャル 対談その3)

Part1
臺灣自由譯者教你如何增進日語會話能力/台湾人フリーランス翻訳家が語る、日本語会話能力の磨き方(スペシャル対談その1)
Part2
臺灣自由譯者教你成為譯者的條件/台湾人フリーランス翻訳家が語る、翻訳家になるための条件(スペシャル対談その2)

與職業譯者的”真格”訪問系列文到現在也刊載了兩篇。
如果你接下來想開始學習日語,或是成為職業譯者,在本篇最終回中有許多對你有用的建議喲!
接下來,就請各位繼續觀看本站才有的吐露真心話訪談!

今回まで2回お送りしてきたプロ翻訳家への”ガチ”インタビュー。
最終回の今回は、これから日本語の勉強を始めたいあなたや、
翻訳家になりたいと思っているあなたへのアドバイスが盛りだくさん!
さあ、ここでしか見られない本音インタビュー、とくとご覧あれ!

能講出流利日語的學習法/日本語が話せるようになる勉強法

A對了,那在你日語學習過程中,有覺得哪一部份最難嗎?
K就是敬語了。敬語真的不簡單。
A畢竟連日本人自己都會搞錯囉,沒辦法的。
K是呀。
A其他還有嗎?
K說真的,好像沒了。
A咦!?自動詞跟他動詞你不覺得很困難嗎?
K因為我讀了很多書,書讀著讀著就自然搞懂啦。
A意思是說日語的邏輯已經深植你腦海了嗎?
K沒錯。所以呀,我開始當家教老師的時候,有件事很傷腦筋。
A咦,是什麼事?
K就是在我當老師的時候,會讓學生做習題。那假設學生選錯答案了。
A學生的確常選錯答案呢。
K在我告訴學生正確答案後,學生會問他原本選的答案錯在哪裡不是嗎?
A那是當然的囉。因為他們不知道錯在哪嘛。
K可是,當時候我卻不知道那個答案錯在哪裡。
A咦──!
K因為我會覺得”正確答案就那一個而已,你怎麼會去選其他的呢?”。因為我學習都是靠累積下來的直覺。
A那跟日本人一樣嘛。一般日本人也無法解釋選項為何對為何錯。
K所以啊,我真的不擅長教日文(笑)
A不過,實際在講日文的時候如果不靠直覺,而是靠理論思考是沒有幫助的。
K說的沒錯。我從以前就是在拼命將記住的日文內化成自己的東西並實際說出口。
A讓自己能開口說日文的練習與其說很重要,倒不如說是絕對必要呢。
K沒錯沒錯。就連現在的我有時候都會因為緊張而說不出話呢。
A連你都會有緊張的時候呀?
K別把我講得像機器人好嗎?(笑)

A:ちなみに、日本語を勉強していて一番難しいと感じるところはどこです
か?
K:やっぱり敬語だよな。あれは難しい。
A:まぁ、日本人でも間違えるくらいですからね。あれは仕方ないですよ。
K:そうそう。
A:他には何かありませんか?
K:正直な話、この他はあまりないんだよなぁ。
A:え?!自動詞と他動詞とか、難しいと思わなかったんですか?
K:俺の場合、たくさん本を読みまくっていて、その中で自然とわかるよう
になったんだよね。
A:日本語の感覚が身についたっていうことですか?
K:そうそう。だから、家庭教師を始めた時、困ったことがあって。
A:え?なんですかそれ?
K:いや、日本語の家庭教師を始めた時、生徒に問題を解かせるじゃん?そ
の時、生徒が間違った答えを選んだとする。
A:はい、よく間違えますよね。
K:それで、正解を教えてあげた後、生徒が「なんでこれは違うんです
か?」って質問してくるんだよね。
A:そりゃ質問しますよね。何がダメなのかわかっていないですから。
K:でも、俺その時、何でその答えがダメなのか全然わからなかったんだよ
ね。
A:えーーーーーー!
K:だって、これしか正解にならなくないか?って思っちゃうんだよ。感覚
で覚えているから。
A:それ、完全に日本人と同じですよ。普通の日本人も説明できないですも
ん。
K:だから、日本語教えるの苦手なんだよ笑
A:まぁ、でも実際日本語を話す時はいちいち理屈を考えるんじゃなくて、
感覚で反応していかないと役に立たないですからね。
K:本当それ。俺は昔から覚えた日本語を言えるようになるようにとにかく
練習したなあ。
A:やっぱり言えるようになるための練習は大事というか、絶対に必要です
よね。
K:そうそう。未だに緊張して言葉が出なくなるときあるし。
A:KAUZOさんにも緊張することあるんですね。
K:人をロボットみたいに言うなよ(笑

講得出流利日文與講不出流利日文的人之間的差別/日本語を話せるようになる人と話せないままの人の違い

A在你看來,講得出流利日文的人與講不出的人之間的差別是什麼?
K這個嘛,我認為能講出流利日文的人不會讓機會溜走,而且不怕犯錯。
A不讓機會溜走的機會,我知道是指與日本人談話的機會。那不怕犯錯指的是不怕自己講錯之類的嗎?
K正是。語言這種東西,就是得實際說出來或書寫後對方才能接收到。所以呀,不自己發聲的話就沒意義囉。
A的確是那樣沒錯。
K所以呀,無論會話或讀寫哪個領域,都得貪心地找出機會大量使用日語才行。
A這點我完全贊同。
K還有為了不怕犯錯,捨棄自尊這點也很重要。
A因為自尊只會阻礙自己前進而已。那你為了捨棄自尊,具體上都做了些什麼?
K我的話,在與日本人對話時,會請對方無論是多麼細微的錯誤都要點出來然後修正。總之就是要對方嚴厲一點。
A那點很難辦到呢。要請對方抓錯自己會害怕,而且對方可能也會認為是件苦差事。
K可是,如果你因為害怕而不去修正自己的怪日文,那你一輩子就都會講不正確的日文,不是很丟臉嗎?
A這的確有理。說老實話,日文流利無錯的外國人,與常常搞錯基本用法的外國人,兩者給人的印象截然不同呢。
K是吧?
A在相反的情況下,如果臺灣人遇到台語很好的日本人,一定會大吃一驚吧。
K那一定會的(笑)
A而那份驚嚇,會與對這個人的信用產生連結。你在心中會認為這個人很厲害,或者是這人跟其他外國人不一樣之類的。
K沒錯沒錯。
A光是語言程度不同,會帶給對方的印象差距就這麼大,不容小覷呢。

A:Kaiさんから見て、日本語を話せるようになる人と話せないままの人の違いって、なんですか?
K:そうだね、俺が思うに、チャンスを逃さないで、しかもミスを恐れない人かな。
A:チャンスを逃さないっていうのは、日本人と話すチャンスということで理解できるんですが、ミスを恐れないというのはいい間違いだとかを恐れないということですか?
K:そうそう。言語ってさ、実際に話したり書いたりして相手に伝わるものじゃん?だからさ、自分から発信していかなきゃ全く意味ないんだよね。
A:確かにそうですね。
K:だから、読みも書きも会話も、全部満遍なく、貪欲にチャンスを見つけてどんどん日本語を使っていくべきだと思う。
A:これに関して全く反論がないですね。
K:ミスを恐れないためにも、プライドを捨てるのが大事だと思うね。
A:プライドは邪魔にしかならないですからね。ちなみにKaiさんはプライド
を捨てるために具体的にどんなことをされたんですか?
K:俺の場合は日本人と話す時に、「どんな些細な間違いでも指摘してく
れ」って言ってたね。とにかく厳しくチェックしてもらってた。
A:それってなかなかできないですよね。指摘してもらうのも怖いですし、指
摘する方も全部指摘するのってなかなか大変だと思うんですよ。
K:でも、それで変な日本語を直さないと一生そのままで恥ずかしいじゃ
ん?
A:それはごもっともです。正直な話、日本語のミスがない外国人と、基本
的な表現をいつも間違える外国人だと、印象が全然違いますから。
K:そうでしょ?
A:逆に台湾人が、台湾語がうまい日本人と遭遇したらものすごくびっくり
すると思うんですよね。
K:それはものすごくびっくりする(笑
A:そのびっくりって、すぐにその人の信用につながると思うんですよね。
「あ、この人は凄い人だ!」とか「この人は他の外国人とは違う」って。
K:間違いないね。
A:言語ができるかできないかでこんなに相手に与える印象が変わるのっ
て、本当凄いですよね。

Evernote Camera Roll 20160209 1631472

給日語學習者的話/日本語学習者へのメッセージ

A那麼,本訪談差不多也要進入尾聲了。能請你對現在正在學習日文的人說一段話嗎?
K這個嘛,我想說的應該就是「別放棄」吧。
A喔喔,簡潔有力。
K還有,動力很重要
A原來如此。沒有動力,什麼都辦不成呢。
K沒錯。希望各位都能找到支撐自己持續學習日文的動力。
A每人都有自己的動力來源呢。那麼,你對接下來才要開始學習日文的人有什麼建議嗎?
K最一開始的話,不管是小說還音樂什麼都行,就算不懂裡面的意思也沒關係。去接觸存在於你喜愛領域中的日文吧。
A原來如此。關於這點,我在網站上也有稍微提過。
K我認為呀,只要找到自己有點興趣的領域,然後再把涉獵範圍一步步加深加廣。
A嗯嗯。
K先別提是不是要開始學日文這點,總之先提起興趣,我認為這才是最重要的。
A這我完全同意。說真的,只是為了工作需求而學日語的人,進步的速度都比較慢。
K是這樣的呀?
A是的。那最後請向立志當上譯者的人說幾句話。
B就是去看書。這點就足以道盡一切。不管語言種類,就是去接觸文字語彙就對了。
A原來如此。
K然後,同時閱讀原文書與譯作這雖然很累人又很困難就是了。
A但讀的如果是自己喜歡的作品,應該就不會那麼辛苦了吧?
K是呀。剛開始的時候讀什麼都可以,總之先試試看再說吧。
A哇──今天真是謝謝你花這麼久的時間來協助我的訪談企劃。非常感謝。
K不客氣,我還滿開心的。我才要謝謝你。
A這說不定能寫成大長篇的文章呢。
K我會好好期待的。

A:では、そろそろ締めに入ろうと思うのですが、今現在日本語を勉強して
いる人たちに何かメッセージをお願いします。
K:そうだな。まず、これだけは言いたいのが、「諦めるな」ということか
な。
A:おお。シンプルですね。
K:それと、モチベーションが大事だってことかな。
A:なるほど。モチベーションがなければ何もできませんからね。
K:そう。日本語の勉強を続けていける原動力を見つけてほしいな。
A:人それぞれのモチベーションの源がありますからね。では、これから日
本語を始めたい人たちへ何かアドバイスありますか?
K:最初はとにかく何でもいい、日本の小説でも音楽でも何でもいい。意味
がわからなくていいから、自分が好きな分野の日本語にとにかく触れてほし
いな。
A:なるほど。このことに関して、僕もサイトで触れたことがありますよ。
K:俺は少しでも興味のある分野を見つけて、それから少しずつ興味の幅を
広げていけばいいと思ってるのね。
A:うんうん。
K:日本語の勉強を始めるかどうかは別にして、とにかく興味を持つこと。
これが一番大事だと思うな。
A:完全に同意ですね。仕事だけのために勉強している人って、正直言って
上達が遅いですしね。
K:そうなんだ?
A:はい。では、最後に翻訳家を目指している人たちにメッセージをお願い
します。
K:とにかく本を読め。これに尽きるかな。言語問わず、とにかく言葉に触
れてほしい。
A:なるほど。
K:それで、原書と翻訳を両方併せて読む。大変だし、難しいけどね。
A:でも好きな作品だったらそこまで辛くないですよね。
K:そうそう。最初はどんな作品でもいいからやってみてほしいね。
A:いやー、今日は長いこと対談企画にご協力いただき、ありがとうござい
ました。
K:いやぁ、楽しかったよ。こちらこそありがとう。
A:これは大長編が出来上がる予感ですね。
K:楽しみにしてるわ。

FIN.

Atsushi

在台北教日文的東京人。
除了當老師外,同時身兼漫畫‧輕小說的翻譯監修或日本企業的廣告製作人。
為「Atsushiの日本語」的站長,閱讀讀者傳來的回饋訊息是近期樂趣之一。
喜歡的東西是芒果冰與咖哩,討厭梅干與臭豆腐。

KAUZO

現為公司小職員兼自由譯者,已有數本譯作問世。
熱愛電玩與音樂,受到爵士樂感召考慮學習銅管樂器中。
如果想委託Kai筆譯、口譯報價的,請透過下列方式聯絡
zero12242000@msn.com

文:Atsushi/翻譯:KAUZO

如果你想要問問題, 分享意見或感想的話, 請你從這邊聯絡我! 如果那個問題很有趣的話, 下次我會公開新的訪問系列文!

您的姓名 〈需填寫〉

您的電子郵件信箱 〈需填寫〉

主旨

您的信件內容

Comments Closed

Return Top