常識

想進日本企業的話你應該考慮停止做這幾件事/日本企業に入りたいなら絶対にやめたほうがいいこと

想進日本企業的話你應該考慮停止做這幾件事/日本企業に入りたいなら絶対にやめたほうがいいこと

「你,也許會被取消內定的資格喔?」
「あなた、内定取り消されるかもよ?」

想要在日本工作的人一點也不少。
原本就很喜歡日本文化的人、
每天都想吃好吃的日本料理的人、
年收入會因此增加2-3倍會變的有錢的人、
每到週末就可以在日本境內自由旅行的人。

日本で働きたいと思う人はたくさんいます。

もともと日本文化が好きだからという人。
日本の美味しいご飯を毎日食べたいからという人。
年収が2倍3倍になってお金持ちになるからという人
週末に日本中をもっと自由に旅行したいからという人。

在網路上能看到很多的人為了就職活動而奮鬥。
看到朋友或是自己的學生拿到了理想企業的內定通知,
我也因此感到非常開心。

ネット上でも多くの人が就職活動に奮闘する姿を
見ることができます。
友達や生徒が憧れの企業への内定を勝ち取ったのを見ると、
私まで嬉しくなります。

就算是這樣,看到某一些投稿在網路上的文字,
不自覺的會產生一些這樣的危機感 

「這樣寫不太好吧?」、
「要是被開除了也不知道」。

しかしながら、ある一部のネット上の書き込み・投稿を見たとき、
「これ、やばいんじゃないの?」
「クビにされても知らないよ…」
と危機感を感じざるをえないことがあります。

於是今天,我要來告訴大家一些針對日本企業關於就職活動,
以及入取後絕對不要做比較好的一些事情。

今回は、日本企業への就職活動、
また就職後に絶対にやらない方がいいことをお話しします。

為什麼這麼想要寫出企業的名稱呢?/なんでそんなに企業名を書きたがるの?

在Facebook或是個人部落格上偶爾會看到。
那就是,自己的就職活動,以及被內定的企業名字。

Facebookや個人Blogを見ていてたまに目にするもの。
それは、自分の就職活動・内定先の企業名。

參加企業的面試、說明會,或者是求職之後收到企業發來的信件,
就直接大辣辣地上傳到社群網站或者是部落格,
清清楚楚地能看到企業的名字像「SONY」 或「TOYOTA」等。

企業の面接、説明会などに参加したり、
就活をしている会社からメールをもらったりする。
その様子をSNSやBlogなどで公開する時に
「SONY」とか「TOYOTA」とか、
はっきり企業の名前を書いているんですね。

絕對不要這樣做比較好。
日本企業非常不欣賞這樣的行為。

これ、絶対にやめたほうがいいです。
日本企業はこのような行為をものすごく嫌います。

一句話我就能解釋為什麼:
因為日本企業對於處理網路上的情報相當的慎重。

一言でその理由を答えるならこうです。
日本企業はネット上の情報の取り扱いにものすごく慎重だから、です。

日本企業的思維/日本企業の考え方

就算說了對於網路上的情報管理很嚴格,
那跟將企業的名稱公佈出來有什麼關係呢?

情報の取り扱いにすごく厳しいと言いましたが、
それが企業名を書くことと何の関係があるのでしょうか?

最近越來越多的的人事部主管會留意求職生的facebook,
他們是這樣想的

就活生のFacebookなどをチェックする人事部・担当者が
最近多くなってきているのですが、
彼らはこう考えています。

「常常在網路上公開自己的事情,
也開始會發佈一些關於公司事情的人,
是不是也會公開不應該宣傳的企業資訊呢?」

「自分のことを常日頃ネット上に公開する人で、
会社のこともどんどん公開するような人は、
社外に公開してはいけないようなことも公開してしまうのではないか?」

「這樣是否會危害公司、對公司不利呢?」
「それによって会社が被害・不利益を被るのではないか?」

也就是,雖然還沒有造成任何的損害,
但是入取了這樣的人之後,
就存在需要承擔這位社員洩漏情報以及損害公司形象的風險。

つまり、実際に実害がなくてもその人を採用した後
情報漏洩や企業イメージを損なう「リスク」が存在するのです。

因為這樣,
在入取之前,
「如果沒有辦法將私事以及公司分清楚的人,我們公司本來就不需要呦」
這樣,列入採用的考慮之外。

そのため、採用前から
「プライベートと仕事を分けられないような人間は、そもそもうちの会社にいらないよ」
ということで、採用を見送ることになるのです。

不過的確公司也沒道理管理所有人的社群網站,
就算在facebook上投稿有關於求職的人,
也是可能有機會進入公司也說不定。

確かに会社自体が全志願者のSNSを管理しているわけではないですから、
Facebookなどで就活のことを投稿しまくっていても
運よく入社できるかもしれません。

就算這樣,進入公司之後你在網路上的投稿並不會引起什麼問題的可能性也不會就此消失。

ですが、入社後あなたのネット上の投稿で大きな問題が起きない可能性が
なくなったわけではなりません。

因為笨(蛋)特拖累企業的形象/「バカッター」による企業イメージの減退

日本企業會對於社群網站特別感冒的背景是因為
有所謂的笨(蛋)特

ここまで日本企業がSNSに敏感になっている背景には
「バカッター」の存在があります。

「笨(蛋)特」是社群網站Twitter上,
對自己的犯罪行為驕傲或是做了損害企業形象的事情,
並在網路上炒熱自己的人很多,於是這個名詞就此誕生。

「バカッター」とはSNS「Twitter」のネット上の俗称で、
自ら犯罪自慢や企業イメージを損なうことをして
ネット上で炎上してしまう人が多いことから
このような呼び名がつきました。

特別是年輕人居多,
有著「因為是關於自己的事情其他人沒在看」這樣的錯覺
向全世界透露犯罪跡象以及企業的機密,
這個常常在新聞報導上看到。

特に若者に多く、
「身内しか自分の書き込みを見ていない」
という錯覚から全世界に向けて
犯罪アピール・企業の機密漏洩などを行ってしまい、
よくニュースになって報道されています。

這樣有關社群網站的事件在日本接連的發生,
因此企業的社群網站開始漸漸地控管有關該社在網路上的情報。

このようなSNS関連の事件が日本でも相次いでいるため、
企業のSNSをはじめとするネット上の情報の取り扱いは
年々厳しくなっています。

為了不成為這種事情的主導者/自分が事件を引き起こさないために

那,到底要怎麼樣才能避免這樣的風險呢?

最好的就是
「參加就職活動的時候,不要明示出企業的名字」。

では、どうしたらこのようなリスクを回避できるのでしょうか。

一番いいのは
「就活の時、企業名を明示しない」
ということです。

比如說像是SONY可以就寫S社,或是大間的家電製造商
把表現的方式換一下比較好。
(「S△△Y」不要這樣寫比較好)

SONYだったらS社とか、大手家電メーカーとか、
表現の仕方を変えたほうがいいです。
(「S△△Y」とかはやめたほうがいいかも)

如果怎麼樣都覺得太驕傲了想要告訴大家你受聘於的企業,
那請你記得要完全匿名比較好。

在日本有叫做「2ちゃんねる」這種匿名揭示板也有發生過那種指名的議論。

どうしても企業名を出してみんなに自慢したいというのなら、
「完全匿名」でやったほうがいいです。
日本では「2ちゃんねる」のような匿名掲示板では名指しで議論が行われています。

所以,寫出對企業形象有負面效果的話,可能會被告損害名譽,所以必須要注意!
(可以從登錄紀錄等等找出發言者)

ですが、これも企業イメージにマイナスになるようなことを書いてしまうと、
名誉毀損で訴えられることもありえますので、注意が必要です。
(アクセスログなどから発言者を割り出すこともあります)

其他需要注意的事情/その他気をつけるべきこと

從公司裡帶出社內的資訊時需要非常的注意。
日本企業對於個人的情報流出以及顧客資訊的流失對應非常的細心。

会社のデータを社外に持ち出す際もやはり注意が必要です。
日本企業は個人情報の流出や顧客データなどの紛失に対してものすごくデリケートです。

因此,有些企業會禁止員工帶出社內的資訊,
也有公司設立必須要在監督之下才能工作或是閱讀禁止的相關條款。

そのため、企業によっては社外にデータの持ち出しを禁止しているところもありますし、
人目につくところでの作業や閲覧を禁じている企業もあります。

大概九成的台灣人現在一定覺得
「日本的企業好麻煩啊!」

おそらく9割くらいの台湾人は今
「日本企業面倒くさ!!!」
って思ってると思います。

我也是覺得挺麻煩的。
台灣這樣比較從寬的感覺比較好。

私も面倒だと思います。
台湾の緩い感じがいいなと思うことがよくあります。

但是啊,這種情報的處理方式,
其實都是為了每一個客人著想。
「要是情報被洩漏出去的話會波及到客人的」
「要停止給任何人造成麻煩」

就是因為抱持著這樣的想法,才會把情報的處理方式做的如此徹底。

ですが、このような情報の取り扱いは、
すべてお客様・顧客への心遣いなのです。
「もし情報が漏洩したらお客さんに被害が及ぶ」
「誰かに迷惑をかけることはやめておこう」
このような考え方が念頭にあるため、情報の取り扱いを徹底しているのです。

所以想要到日本企業就職的各位,
麻煩你們藉有這個機會重新審視自己處理「資訊」的方式吧!

ですから日本企業に就職したいという方は、
これを機に「情報」というものの取り扱い方をもう一度考え直してみてくださいね。

文:Atsushi/翻訳:Yuka

面試通過率100%的秘訣?
N2以上的人限定「就活講座」
還有三個一個名額!

面接突破率100%の秘訣とは?
N2以上の人限定「就活講座」。
あと3名1名!
如果你想要問問題, 分享意見或感想的話, 請你從這邊聯絡我! 如果那個問題很有趣的話, 下次我會公開新的訪問系列文!

您的姓名 〈需填寫〉

您的電子郵件信箱 〈需填寫〉

主旨

您的信件內容

Comments Closed

Return Top